【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■野田「コメスタ」へ

P1070842.jpg

野田のイタリアンレストラン『コメスタ』へ

「野田市の食宝庫No1パスタ」

 春菊の苦味がまた美味しい。


一昨年の秋9月にGibsonさんにご引率いただき皆さんと楽しくランチをいただき
感動して以来です。

P1070814.jpg

風も弱く穏やかな江戸川CR

松戸の常夜灯で汗ばんできましてウィンドブレーカーも脱ぎました。


P1070819.jpg

山羊の放牧

P1070832.jpg
P1070828_20140315083445d76.jpg


野田の街も久しぶりです。

コメスタはやはり素晴らしいホスピタリティを持ったレストランでした。

入店時受付で名前を聞いて、以降来店客を名前で接客しております。

P1070834.jpg
P1070836.jpg
P1070840_20140315083741276.jpg

さて今日はパスタランチコースとあわせて奨めていただいた
「丸ごと甘いレタス(茨城県坂東産)」、

バーニャカウダーソースと絡めてこちらも旨し。

サイクリングジャージを着て黙々と独りレタス、パスタを食べる中年親爺・・。

こんな店内で浮いておりました私…(笑)。

やはりこのレストランは仲間や家族と来てワイワイといただくのが良いようです。

P1070852.jpg

お誕生日の方へコーラス斉唱。


食べながら読んだフリーペーパーの『COMESTA Numero』のコラムが
面白かったので少し引用させてもらいます。

コメスタは「発・醸 宣言」=発酵食品と醸造品を深く追求します!

キッコーマン醤油発祥の地、野田で21年前にスタートした時の
コンセプトが「イタリア料理」と「醤油」のコラボレーション。



山地が多く長い海岸線に恵まれたイタリア半島、スペインのイベリア半島は
日本と地勢的に共通点が多く海の幸に頼る食生活が発達している等料理法にも
類似点がある。

ちなみに地中海式食生活を享受しているイタリア、フランス、ギリシアの平均寿命は
日本と同じレベルの80歳前後。

隣にオープンした「中国料理店 醤香」(イタリアンと中国料理のコラボ)もよさそうな感じです。

イタリア、日本、中国は世界の中で最も「発酵食品と醸造食品」に恵まれている。

[各国の発酵食品]

●日本~納豆、酢、醤油、味噌、くさや、糟漬け、塩辛

●イタリア~生ハム、チーズ、ワイン、ピクルス、サラミ

●中国~豆板醤、コチュジャン、ザーサイ、白酒(パイチュ)

栄養、健康面しかり食文化的にも健康寿命や人間生活活力源に大いに

役立つものと確信しておるそうです。

■江戸川、利根川流域は発醸造所のメガロポリスだ!

◇松戸市(合同酒精、タカラ酒造、ナスの与一漬)

◇柏市(ニッカウイスキー)

◇流山市(万上味醂)

◇野田市(キッコーマン、窪田味噌、醤油)

◇船橋市(サッポロビール)

◇取手市(キリンビール)

◇守谷市(アサヒビール)

日本国内でもこれだけ発醸文化が集結しているのはなかなかないそうです。

なるほどですね。

P1070855.jpg

P1070859.jpg

「玉手箱デザート」ドライアイス、モクモクでこれがまわりからまた注目を浴びて恥ずかしい。


P1070883.jpg


帰路は午後の南風に少し春を感じました。



スポンサーサイト
  1. 2014/02/26(水) 20:25:12|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■Good-bye Giant MR-4F | ホーム | ■蔦屋 TSUTAYA BOOKS 幕張新都心>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sasa06.blog92.fc2.com/tb.php/911-25b9011c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。