【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■小津安二郎「彼岸花」と図像学

Imanfrge0001.jpg

京橋のフィルムセンターにて

『小津安二郎の図像学』
二週続けての大雪、自転車も乗れずで
500円で小津映画が観れるとあって午後から
でかけます。


Imvdewage0001.jpg

ロゴマーク、本の装丁、グラフイックデザインの先駆者
としての小津のさまざまなアートワークが鑑賞できます。

バーで集めたコースターや絵コンテ等。

「人物が登場するセットは場景であり主役」
博覧強記で小物、小道具も本物でないとダメ等、
美術部門の人は撮影時大変だったようで。


江東区の古石場文化センターに結構な品々が
保存されているようなので今度行ってみます。

P1490248.jpg


セットの絵。


P1490256.jpg

「小津映画のローポジションを体験してみよう」コーナー(笑)

ラーメン屋(燕来軒)ととんかつやの看板
手前のポリバケツの高さがアングルポジション。

Imagehgds0001.jpg


上映映画はデジタルリマスターされた「彼岸花」

小津の映画は似たようなトーンなのですが見始めるうちにこの映画観てました(笑)

筋書きは某商事会社常務(佐分利信)妻(田中絹代)と年頃の娘(有馬稲子)の結婚話にからんだ
まあたわいもない話ですが面白いです。




P1490476.jpg

雪がどっさり残る京橋

都内最大級の京橋のモンベルショップで輪行袋も縛るヒモがほどけてしまったので
交換してもらいました。


JRの輪行規制が厳しくなってきたようでこのガバット被せるタイプの輪行袋の
先行きが不安です。

とにかく扱いがラクでロードバイク購入以来愛用しているのですが。








スポンサーサイト
  1. 2014/02/15(土) 07:41:37|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■流鉄展 (杜のアトリエ黎明) | ホーム | ■横浜山手の洋館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sasa06.blog92.fc2.com/tb.php/905-49247aa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。