【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■横浜山手の洋館

Imagekged0001.jpg

長年にわたり日本の近代建築を撮り続けてきた
敬愛する増田 彰久氏。

昭和60年代に撮影された横浜の山手の洋館の写真展








P1490369.jpg
■山手234番館

雪の坂道をここまで来るのが大変。


P1490366.jpg

ギャラリー1階 洋風な外観ですが内部は和風の住宅。


P1490365.jpg


日本中の建築物を撮影した建築写真家の第一人者増田彰久氏以下コメント



◆日本三大外国人居留地「長崎・神戸・横浜」特徴は

・「長崎」:開港当初のすごい古い西洋館を現在まで脈々と伝えて

 西洋館の日本初上陸の衝撃」を感じさせてくれる。

・「神戸山手」:明治初期に来航した欧米の貿易商人

の建てた家を「異人館」と呼ぶ神戸の街。

本当の神戸の魅力はその後の発展の過程でヨーロッパから

本格的な建築家がやってきてデザインした大正、昭和の名建築が

残っているところ。

・「横浜」:明治以降、建築活動は盛んであったが関東大震災で

幕末~明治、大正の西洋館のほとんどは消滅。

今の昭和初期の建物が横浜山手に現存する西洋館の主流。

・長崎、神戸は外国人が自らの住まいとして建てたもの。

横浜山手は日本人も西洋館を建てて居間を日本間にしたり、日本家屋に

応接間や書斎を洋間にしたり西洋の文化と日本の文化が建物の内装外観

に混ざり合うカタチを見ることが出来る。

・・これは生活様式の現象にとどまらず、文化や芸術についてもいえるに違いない。

◆---------------------------------------------------------------------------◆

神戸の洋館(異人館)と比較するとマイルドな感じで・・。


P1490372.jpg

それにしてもものすごい週末の大雪でした。
洋館も雪に映えます。

P1490377.jpg

山手教会

P1490385.jpg

元町までの坂道。

何度もすべってコケそうになりました。

Imagehgdse0001.jpg

実は「横浜都市発展記念館」をブラブラしていて
この写真展のチラシを目にしたのでした。

ラッキーでした。


P1490360.jpg

「港をめぐる二都物語」
江戸VS横濱、神戸VS大坂

となかなか面白いコラム満載の企画展。


P1490340.jpg

P1490347.jpg

■旧露亜銀行横浜支店
大正10年築 英国人:バーナード・M・ウォード設計

私好みの古典的意匠の建物です。


P1490345.jpg

物量的には神戸の方が近代建築が多いような気がします。
[2010年8月神戸旧居留地散策]

またいつか神戸の街もポタリングしたいものです。

P1490341_20140219100007624.jpg


ダホン持参で横浜の街を建物撮影しながらポタリングしたいと思っておりますが
この冬はなかなか天候に恵まれません。



P1490334_20140219100414be3.jpg

中華街でビール片手に肉まん。

すっかりいいほろ酔いとなり

今日の本来の目的地(原鉄道模型博物館)

はまたの機会にということで行き当たり

ばったりの適当な散歩後、帰路に。







スポンサーサイト
  1. 2014/02/09(日) 21:38:52|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<■小津安二郎「彼岸花」と図像学 | ホーム | ■大雪の朝>>

コメント

洋館も、東に下るに従い日本人が消化していったのでしょうね。私も住むなら、大正期以降の洋風建築でしょうか。でも、集合住宅も気に入ったのでバウハウスかな。
  1. 2014/02/25(火) 07:21:12 |
  2. URL |
  3. kincyan #mYbggkm6
  4. [ 編集 ]

kincyanさん、わたしもずっと集合住宅派です。寒がりなので冬の一戸建てには住めませんので。横浜の洋館は和洋折衷という感じの印象を受けました。またあらためてじっくりと見学してみます。港町「長崎」にも行ってみたくなります。
  1. 2014/02/26(水) 18:43:59 |
  2. URL |
  3. dadashin #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sasa06.blog92.fc2.com/tb.php/903-f72c9059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。