【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■松井天山・佐原の街鳥瞰図

P1220152.jpg

千葉城(千葉郷土資料館)の下も桜満開です。



その下にある千葉中央図書館でたまたま「文人と佐原展」が開催されていました。


P1220131.jpg

定番「利根川図誌」


P1220126.jpg



で松井天山は昭和5年(1930)舟運で栄える佐原の街を当然描いておりました。


P1220134.jpg


私は天山が描く市川と船橋の街の絵は図書館などで見たことが
ありましたが規模感からすると当時の佐原の街の方が大きいかもしれません。

この時代千葉県で一番人口が多かったのは銚子の街です。


P1220139.jpg


先日訪れた伊能忠敬旧邸あたりの小野川。



P1220142.jpg


醤油工場や製綿工場などがかなりあります。


松井天山は謎のひとで

この「千葉市街鳥瞰図」を含んだ鳥瞰図のほとんどは

成田仏教図書館に蔵書されているそうですがその生い立ち

書記録等がほとんどないそうです。

他に日光や仙台などの鳥瞰図もあるそうですが仕事として

描いていたのか?趣味?広告クリエイター?(店の広告も鳥瞰図に併記していたそうで)

色々な説があります。













スポンサーサイト
  1. 2013/03/26(火) 04:48:05|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<■真間川の桜並木 | ホーム | ■佐原・香取神宮ツーリング>>

コメント

船橋あたりより銚子のほうが大きな街だった、有り得そうな話ですね。銚子は昔から漁業が盛んで、
産業としての味噌・醤油造りが盛んだったようですからね。
  1. 2013/04/01(月) 19:47:40 |
  2. URL |
  3. kincyam #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

昭和初期の銚子の繁栄ぶりは凄かったようです。市川、船橋何んぞよりも
はるかにBigTownだったようです。千葉の街の歴史も紐解くと面白いですね。
  1. 2013/04/01(月) 22:23:12 |
  2. URL |
  3. dadashin #-
  4. [ 編集 ]

知らなかった、そんなに銚子が繁栄していたのですか。
そう言えば、内房の『上総湊』は、内房の海運で、これも繁栄していたようで、当時は旅館なども多数ありかなり賑わっていたらしい。
木更津にあっては、芸者置屋も数件あったそうで・・・・・・

地方が、こんなに疲弊してしまったのは、自動車の発達でしょうかね。
青春時代の真ん中じゃそんな事にも気が付かなかったなぁ~。
  1. 2013/04/01(月) 23:29:45 |
  2. URL |
  3. B #-
  4. [ 編集 ]

Bさん、我々も歳をとるように街も歳を重ねて変わっていきますね。
海運、船運から鉄道、自動車、と千葉の歴史も交通の発展、変化で移り変わっているようですね。
  1. 2013/04/03(水) 20:47:28 |
  2. URL |
  3. dadashin #-
  4. [ 編集 ]

*②こんばんは*

銚子がこのとき一番人口が多いとは知りませんでした。
でも利根川が水運としての重要な役割があり銚子の街の発展に
つながったのかなーと少し思いました。千葉市はどうだったのかな~。

松井天山さん今でいう広告クリエータだったのかも..という説が面白いですね。
商店の名前や建物などが宣伝になっていたのでしょうか...。
では。
  1. 2013/04/04(木) 20:40:13 |
  2. URL |
  3. かえるるるるん。 #2S/7VLnU
  4. [ 編集 ]

かえるるるるんさん、銚子は漁業、海運いろいろなことで重要な交易の街だったようです。千葉はどうだったんでしょうかね??おいおい調べてみます。
  1. 2013/04/06(土) 09:11:43 |
  2. URL |
  3. dadashin #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sasa06.blog92.fc2.com/tb.php/740-128548dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。