【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

■「中原淳一展」日本橋

Image0020kk.jpg



「生誕100周年記念 中原淳一展」

日本橋三越新館にて

竹久夢二に憧れて戦前から戦後にかけて
雑誌編集、フアッションデザイナー・
インテリアデザイナーなど
多彩な才能を発揮した中原淳一。


まだ貧しかった時代の日本で「女性の暮らしを新しく美しくする」
という気概をもって創作した作品の数々が展示されておりなかなか
見ごたえがありました。


Image0020fd.jpg
P1210603.jpg


洋服文化がまだ根付いていない頃で当時はかなり斬新なデザイン。


P1210617.jpg

十代のひとの美しい心と暮らしを育む雑誌「ジュニアそれいゆ」で提案していたインテリア。
(ターゲットが山の手に暮らす10代後半の結婚前の若い女性ですから)


古いふすまに残り布を貼るとか押入れを本棚にしてみようとか
当時の少女世代へのライフスタイルの提案も盛ん。

娘の読んでいるギャルズ雑誌をたまにめくるたびに日本もスゴイ
ことになってきたな~と感じるこの頃ですがこうした中原淳一
が描く世界に目を輝かせながらときめいていた少女たちがいた
時代が日本にあったのです。


注目したのはやはり生涯一万点以上描いたとされるイラスト。

時を経ても輝くこのフアッションイラスト等に大勢の人が
集まっておりました。


kkjh.jpg


P1210599_20130225085905.jpg



場内はハイカラそうな中高年の御婦人が多数しめておりましたけど若い方も
チラホラ。















スポンサーサイト
  1. 2013/02/16(土) 21:57:24|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<■市川真間・NOBUKO ISHIKAWAサロン | ホーム | ■墨田区石原4丁目「旧安田貯蓄銀行本所支店」>>

コメント

*②こんにちは*

母や伯母など田舎で^^「それいゆ」「ひまわり」など読んでいたようです。
母の同級生はどちらかの雑誌のモデルをしたこともあり伯母などはだいたい買っていて
ずっと押入れにしまってあったと聞きました。

んー 読みたかったなぁ...。
では。
  1. 2013/03/03(日) 17:13:46 |
  2. URL |
  3. かえるるるるん。 #2S/7VLnU
  4. [ 編集 ]

「それいゆ」等、雑誌の表紙がたくさん展示してありました。
私も中を見てみたかったです。今も所有していたら大変貴重品だったと思いますよ。
  1. 2013/03/06(水) 07:19:26 |
  2. URL |
  3. dadashin #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sasa06.blog92.fc2.com/tb.php/720-fbbc0977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)