【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

■TOKYO Pota&Walk

P1320152.jpg
(万世橋付近)
今日は都内ポタリング&散歩。
東京マラソンで都内は比較的すいておりました。


注文していたリニューアルのパーツが入荷したとのことで
銀座の東洋物産輪業さんへ

旧江戸側沿いを浦安・葛西と走り清新橋で荒川を越えます。
まったりのんびり進行。

P1320089.jpg
P1320090.jpg
[旧洲崎川サイクリング遊歩道]


P1320091.jpg

南砂町から永代通りに入りますが東陽町で少し寄り道
ここ数年マンション、オフィスビル等開発が進む東陽町
界隈ですがポツンと時代の流れから取り残されている
風情なのが一丁目、旧町名「洲崎」一帯です。
映画「洲崎パラダイス」で当時の歓楽街の盛況ぶりが
懐かしく観ることができるらしく(近々観てみましょう)


P1320093.jpg
埋め立てられた「洲崎川、と洲崎川橋跡」
現在は短いながらもサイクリングロードに

この川が結界点になっているようで街の様相の
変化が興味深く味わえます。

大半はごく普通の住宅に建てかえられてしまった
ようですが当時の建物が若干まだ現存しています。
ひっそりと静かな街でした。



P1320101.jpg

優美な永代橋から隅田川を見下ろす。

P1320104.jpg


そのすぐ横にある「豊海橋」へ
P1320110.jpg


大正15年建築。
日本では数少ない重厚なデザインの橋。
江戸時代中期には「乙女橋」という名称で
付近は各藩から船で着た酒を集める白壁の酒蔵が
立ち並んでいたらしい。


P1320112.jpg

小ぶりながら味のある佇まいです。ライトアップ時が美しいそうで
今度は夜に撮影にきましょう。



このへんからマラソンの交通規制が

P1320106.jpg


さて昼に東洋物産輪業さんに到着し、ご主人に部品交換を
お願いします。
フォークをカーボンからクロモリへ
クランクをアウター50から46への変更等です。
また浪費となりますが実はまだ家人には話していません。

非常に説明しずらいことです。
「フォーク?クランク?なんのこっちゃ」と理解を得る
ことは絶望的でしょう。


P1320088.jpg


そういうことはさておき、ヒマ人なので東京マラソンを見学
がてら、賑やかな中央通りを散歩することに

八重洲地下街でお好み焼き:ぼてちゅう、普通。大阪へ行って
本場のお好み焼きが食べたいもんです。
P1320125.jpg


しかしすごいランナーの列です。

P1320130_20120304095531.jpg


P1320133.jpg
P1320134.jpg

BMWのスポンサー・サポートバイク

P1320142.jpg
この新幹線の上に更に常磐線の東京延伸のための大工事
高レベルな橋梁工事技術を駆使していると鉄道雑誌で読みました。

新幹線の上を在来線が跨ぐなんて例がないのでは?


日本橋-神田(中古カメラ屋)等ふらふらと。
神田から中央線の線路下の煉瓦橋梁(渋い)風景を見ながら万世橋へ


P1320150.jpg

P1320152_20120304090825.jpg

P1320155.jpg

やはりじっくり観察するとこのあたりの橋梁の煉瓦が
一番味があります。

P1320157.jpg
P1320158.jpg
P1320159.jpg

秋葉原(高級オーディオ店冷かし試聴)

上野(ビアンキショップ⇒ワイズロード※先日観たMR4のタイヤ売切れ。残念)

P1320163.jpg
P1320167.jpg

これも渋い建築物。

P1320169.jpg

上野一丁目あたりも細い路地に入ると楽しいもんです。

まだ陽も高いので上野公園に入ります。
奥まで歩くのは初めてですがここ近代建築の宝庫です。

P1320172.jpg
P1320174.jpg
P1320177.jpg
P1320179.jpg



 「京成博物館動物園駅跡」まずここが目当てでした。看板をあてにたどり着きます。
 平成9年に休止駅となってきましたが子供の頃、普通列車も通過していた、薄暗い駅構内、
 印象的な記憶があります。
 (金町からの4両編成列車しか停車できなかったとのことで)
 調べると隣には「寛永寺坂駅」もあるそうでディープスポットエリアです。

P1320188_20120304091931.jpg
P1320191.jpg
P1320195.jpg


P1320194.jpg
黒田記念館、これも重厚な煉瓦建築。
あてのない散歩でしたがこのエリア全くノーマークでした。



更に進むともっとサプライズな建築物が!


P1320203.jpg


今日の極めつけはここ「国際こども図書館」(「旧帝国図書館」1906築)
規模もある明治洋風建築(設計:久米正道)コンドルの流れか


P1320206.jpg

この復元作業は建築会でも話題だったようで
2002年安藤忠雄氏と日建設計のJV修復建築だそうです。
このガラスBOXで既存建物を覆う手法は安藤氏らしい意匠。
(帰宅後調べ)



P1320208_20120304092502.jpg
P1320212.jpg

P1320215.jpg
P1320219.jpg

P1320220.jpg


P1320221_20120304092720.jpg
P1320223_20120304092747.jpg


P1320230_20120304092825.jpg

P1320233_20120304092854.jpg


シャンデリアは模造復元
とにかく建物正面のファサードが重厚で存在感抜群。
ついつい興奮してシャッターを押してしまいました。

あの神戸の夏以来でしょうか?


P1320235.jpg


先日の東京ゲートブリッジもそうでしたが現在の日本の
建築技術を持ってすれば都内、いや全国にあった近代建築
の建物は耐震補強やリニューアル復元もあわせて保存維持
活用ができたのではないかとも思ってしまいます。


先日図書館で借りた「失われた近代建築(藤森照信・増田彰久)」
を読んでいたので尚更この「国際こども図書館」を見学して感じました。

とにかく見所満載でした。


P1320237.jpg

東叡山寛永寺

京都の寺の賑わいとは異なりひっそりと誰もいません。


P1320240.jpg

徳川江戸時代は相当の繁栄ぶりであったことがわかります。
今のアメ横のあたりも大きな寺が並んでおります。驚き。


P1320244.jpg

谷中霊園の入口に場違いなケーキやの行列。
「パテェシエ イナムラショウゾウ」

ミーハーなもので列に並んで買うことに。ドアボーイがいるケーキ屋等見たことがありません。
今晩は義母も家に来るので異なる種類をチョイス。
(いずれも美味しかったです。ケーキの味覚は疎いのですが)

P1320245.jpg

ラレーとビアンキ来店の方も、お洒落。


日暮里から京成電車で八幡へ

なかなか発見と驚きに満ちた散歩でした。

■おまけ

途中よそ様の自転車の写真を撮ってしまいましてすいません。



P1320139.jpg


P1320145.jpg











スポンサーサイト
  1. 2012/02/26(日) 22:33:14|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<■congratulation金町! | ホーム | ■小型スピーカー偏愛症>>

コメント

路上観察

dadashinさんの「趣味」がよく現れた一日でしたねえ。
46tアウターとクロモリフォークへの換装、私はよ~く分かりますよ(次の記事が楽しみ)。

私も、路上などにとめてある自転車を観察するのが好きです。
つぶさに眺めていると、その持ち主の人となりが漂ってくるようです。

  1. 2012/03/09(金) 03:06:26 |
  2. URL |
  3. 断腸亭 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

自転車観察

私もよそ様の自転車をウォッチするのが好きなのですが先日
断腸亭さんのコラムにありました向島「味の横綱」のクラシックバイク
には全く気が付きませんでした。まだまだ観察力が足りないと思います。

  1. 2012/03/10(土) 09:31:47 |
  2. URL |
  3. dadashin #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sasa06.blog92.fc2.com/tb.php/519-e21023d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)