【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■「銀輪生活」と健康増進

kako-IpgXiezxJj1QZPIY.jpg

自転車に乗るとメシもお酒も旨い!身体にいいこと尽くし。


さて
かれこれ十年以上「医療費控除等」の確定申告しておりますが、税務署の資料を見ていて
色々と時代の移り変わりを感じます。



【扶養控除について】2011年分より、民主党マニフェストである子ども手当の財源確保のため、
16歳未満の者に対する扶養控除が廃止され16歳から18歳の者が特定扶養親族から外され控除額
が減額されることに。

子供手当てとからみで毎年「控除」対象、金額が変わります。いやはや、気軽に昨年と同じ記入
の仕方をしていると間違えるハメに。

■【自転車通勤手当】
最近増加している自転車通勤者に対する通勤手当に関する非課税限度額の見解も掲載されています。

等など

さて「増税議論」真っ只中ですが最近の週刊誌などにも面白い記事が出ていました。



「スポーツクラブの費用は確定申告可能か?」
・・「あなたは肥満ですのでスポーツクラブで運動に励んでください」
という所定の医師の指示書等が揃えば所得税還付の要件は満たせる
ようです。

【参考】
指定運動療法施設の利用料金に係る医療費控除の取扱いについて

 昭和63年厚生省告示第273号「健康増進施設認定規程」(以下「規程」という。)に基づき厚生大臣が認定した健康増進施設のうち、別紙基準に基づき厚生省が指定を行う施設(以下「指定運動療法施設」という。)については、医師の処方に基づき疾病の治療のための運動療法を行う場としても十分機能しうるものと認められる。
 このため、医師が治療のために患者に指定運動療法施設を利用した運動療法を行わせた場合で、下記に掲げる書類によりその旨の証明ができるものについては、当該施設の利用料金も医師の治療を受けるために直接必要な費用と認められ、医療費控除の対象となる費用に該当するものと解される。



■自転車で健康増進を図っている私にもこうした恩恵、税制優遇が欲しいものです。
 自転車、自転車用具に関して「健康増進」に寄与すれば「医療費控除」の対象とする。とか。

・・・・何をもって「健康増進」になっているかの判別が難しそうですが・・
私は体重も全く減ってませんし。

毎年、部品、ウェア等自転車用品にずいぶんと散財してますからね。
ささやかな庶民の願い。


・・・俗っぽい話でした。




スポンサーサイト
  1. 2012/02/17(金) 21:53:12|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■MTBで房総の林道Rideへ | ホーム | ■屋根裏プラハ 長徳氏写真展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sasa06.blog92.fc2.com/tb.php/512-d571e089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。