【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■千葉マリンマラソン珍走記

P1390336.jpg

気持ちの良い冬晴れのもと美浜大橋からの景色を楽しみながらゆっくり
走ろうと妄想していましたが残念ながら朝から冷たい雨。

やや重気分で雨の海浜幕張に出向きました。

職場のランニング部の皆さんと参加する「千葉マリンマラソン」です。
私はこうしたイベントはもちろん初体験。


輪行してJR幕張駅からダホンで海側に向かってQVCマリンフィールドへ

到着すると、まあものすごい人出です。
(総参加者1万5千人くらいだそうで)

P1390300.jpg
P1390303.jpg


受付し、ゼッケンを受領。ここで部の皆さんとの待ち合わせ場所のメモ
を忘れたことに気付き、スタンド4階の適当なところで独り黙々と着替え。

部のメンバーから電話をいただき集合場所を教えてもらいますが階段も通路も
大混雑でもう場所移動も困難と判断。
寒さで凍える手でゼッケンを前後のウィンドブレーカー付けます。

周りの人が余裕のなか、全てが初体験なのでけっこう焦りながらバタバタします。
早々に準備完了した方は球場の周りをアップしていました。


P1390305.jpg
ランナーで大混雑!



冷たい雨の中、どのようなウェアのレイアリングで走ろうかと逡巡しまして、そうこう
しているうちにスタート9:50が迫り係員の方が大声でスタート地点に集合するように
アナウンス。

もうストレッチする余裕もなくスタートを迎えます。
小雨も降り寒さも堪えます。


P1390310.jpg



スタートの合図があったものの片側車線全線塞いでランナー大渋滞。
(10キロ参加者3500人)
のそのそとスタート。隣を見ると千葉市の熊谷市長ではないですか!
背も高く若くて(だって33歳)イケメンですな~。颯爽と走っておられま
した。昨年震災の時の市長の若いながらも卓越した行動力、実行力
を拝見しずっと注目しております。



P1390315.jpg


「~ん、マラソン大会というのはこういう感じなのか。」とまわりのランナーを
観察しながらゆっくりしたペースで走ります。

あまりに人込みで周りの人たちのペースもまちまち。
追い抜かそうとする人、団体で雑談しながらの女子グループ等。

これは誰かが転倒したりすると連鎖転倒になりそうで危ないと感じました。
私も人と接触しないように注意して走ります。

美浜大橋を越えると少し人の間隔がまだらになってきて走り易くなって
きました。

いなげ海浜公園に近づくともう先頭のランナーが折り返してこちらに向かって
走ってきます。「お~っ、やっぱり速い。」
やはり速い人はレベルが違います。ハーフマラソンを1時間弱で走るというので
私の自転車並み以上の速さです。このようなシーンを見るだけでもなかなか
エキサィテイングな体験です。


P1390319.jpg


いなげ海浜公園内では子供たちが太鼓で応援。ありがとう!

給水ポイントはバケツの水から紙コップでくみ上げております。
私はバナナとかいただけるのかと思っていましたが・・・。
たかが10キロでそんなわけないか。

さて5キロ中間地点から太ももが前後と腰が痛くなってきて更に緩いペースにダウン。
後続からどんどん人が追い抜いていきます。
着込みすぎたため上半身は汗だく。でも頭が寒いという変な状態に。
ウェアリング大失敗です。


P1390326.jpg


P1390330.jpg


7キロ越えてまた美浜大橋の登りで更に足に堪えます。前方はるか彼方まで人の行列。

自転車はペダルを回さなくても惰性で進みますがランニングは脚を止めるわけにはいきません。
この差はやはり大きいとやはり痛感。



P1390336_20120125223908.jpg
残り3キロ



スタート地点あたりがゴールと勘違いしていまいたが、ゴールはスタジアムの
中でした。張り替えた人工芝のフカフカ感が最後に気持ちよかったです。

ゼッケンについているセンサーを係員に渡して参加者ノベルティの
スポーツドリンクとエアーサロンパス(これは嬉しい助かりました)を
いただき続いて完走証書をいただいて終了。
タイムは1時間5分。


P1390338.jpg

このころから雨脚が更に強くなりハーフに参加の方はますます不憫な状況に。

P1390342.jpg


あいにくの天気でしたが、なかなか新鮮なマラソン大会初体験でございました。
老若男女幅広い層から支持される世のランニングブームの熱気を感じることが
できました。


でも走るのは10キロが限界点です。

P1390347.jpg

八幡で餃子、らーめんで一息


-------------------------------------------------------------------------
■追記(今日の参加に到るまで)


昨年の4月に職場のランニング部に入部し月一回、
「皇居ラン」をしておりました。

牛歩の如くの走りでとても人様にランニングしています
等といえませんでしたが・・・、


私を引き込んだのはサカキ先輩(以下S氏)でこの方は
トライアスリートで(バイクはDURA仕様トレック・マドン号)
北海道100キロウルトラマラソン等経験も有るすごい方です。

「(S氏)キミ自転車乗っているんだって?」「ええ」
「(S氏)腹回りだぶついているね」「ええまあ、自転車もまったりゆっくり
ポタリングですから」
「(S氏)ランニングしてみようよ。楽しいよ!」
「はあ?わたし走るの苦手なんですけれど・・・。」
私は子供の時からランニング、持久走のたぐいが大の苦手でした。

一昨年より執拗な勧誘を受けまして「じゃ,ちょいとやってみるかと」
入部したのでした。

『何事も新しいことにチャレンジすべし』が最近のモットーですから。

皇居一周は5キロ。
最初は苦走でバテバテでゼーゼー、足もすぐ痛し状態でしたが足の着地法、
姿勢等走り方の基本指導を丁寧に受けて5回目の9月くらいにはなんとか一定
のペースで5キロは走れるようになりました。
終わったあと皆で神田の中華料理屋で呑むビールがウマイのです!
(まあこれだけが楽しみのようなもんで)

皇居ランは女性の数のほうが多く、やはり最近の若い女性のアクティブ
ぶりをまざまざと実感しました。

そんな中で
「次は大会に出てみようぜ」
「はっ?マラソン大会ですか。そんな私には無理ですよ」
と断りましたが「次のステップになるよ、愉しいよ絶対」と根負けし、昨年11月にこの
「ちばマリンマラソン」に申し込んでしまったのです。

やや後悔の念とまあ腹を決めて走ってみるかとの思いが交錯し複雑な気持ちの
ここ二ヶ月でした。


そうしてエントリー後の11月から10キロ走るべく皇居二周ランに挑戦。
(自転車の10キロはわけないですがね)

初回は一周目は快調でしたが二周目の北の丸の登りでガクっとペースダウン。
距離が倍に増えるとやはり難儀だなと痛感。

心肺の方は自転車に乗っているおかげでペースを維持すればいいのですが
問題は重い身体を支える腿、膝と足首です。

「もうすこし痩せるとランもラクになるよ」とS氏に言われ続けていましたが・・・

走った翌日は駅の階段の昇り降りも苦しくリカバリーに時間を要していました。


それでも12月までになんとか3回、皇居二周走ができるようになった次第です。

自転車は爽快ですが、ジョギングはやはり苦しいエクササイズです。

長い駄文おつきあいありがとうございました。






スポンサーサイト
  1. 2012/01/22(日) 22:19:17|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<■雪景色 | ホーム | ■70歳のロードバイク>>

コメント

いや~大変でしたね。やっぱり走るほうが大変ですね。
  1. 2012/01/26(木) 11:04:40 |
  2. URL |
  3. kincyan #aIcUnOeo
  4. [ 編集 ]

kincyanさんホントに走るのは大変です。自分の体重の重さをまざまざと実感いたします。(笑)
  1. 2012/01/27(金) 07:41:20 |
  2. URL |
  3. dadashin #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sasa06.blog92.fc2.com/tb.php/497-5b10e437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。