【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■大多喜を目指して(とんかつといすみ鉄道も)

P1240717.jpg

今日も11月らしくない、暖かな一日
大多喜に行ってきました。

今日は最初から自走して走りました。
市川から房総へ自走していくのは実は
初めてです。
おー珍しです。

ルートラボでたどると約80キロ
9時に出て1時半に到着しましたので
約20キロ/aveのまあいつものペースです。

市原の鎌取くらいからはクルマも少なくなって
走りやすくなるのですが
稲毛海岸から市原くらいまで自転車向きの
いいコースが開拓できればというのが今後の
課題でしょうか。


P1240635.jpg


市原~長柄~長南は相変わらずのいい里山
風景で秋の静かな房州路を満喫できました。


P1240683.jpg


P1240686.jpg



P1240693.jpg


P1240696.jpg


P1240699.jpg


ここを下れば大多喜


●大多喜城ははじめて入りましたが
 「中房総の古社寺」展という企画展
 を実施していました(300円也)
 城の4階まで展示スペースがあり
 市原、いすみ地方は結構早い時代に
 仏教文化が栄えていたことが学べました。
 
P1240756_20111109220931.jpg


千葉の五大城下町は関宿・佐倉・佐貫・久留里
 そして大多喜だそうです。
 佐倉は有名ですが途中から三万石に降格した
 ものの一時は十万石の勢いを誇っていた
 「大多喜城と城下町」歴史は輝かしいものが
 あるようです。展示物も当時の豪家がすごい
 ものだったということを語っておりました。



 また城の最上階からの風景も良く
 廻りが山に囲まれて攻められにくい
 大多喜の地形もよくわかります。
 いくつか今後尋ねて見たい寺社を
 チエックしました。


P1240709.jpg


●今日大多喜を目指したのは二つ目的が
 ありましてひとつが「いすみ鉄道」のキハ52型を
 観ることです。

■いすみ鉄道社長の想い(一部抜粋しました)

 昭和40年製のキハ52-125は、日本の経済成長時代を支えた国鉄を代表する車両の一つです。
 特急形車両のような華やかさこそありませんが、45年もの間、庶民の夢や希望を乗せて走
 り続けた車両です。
 今回、大糸線で運用廃止となる話を聞き、ちょうどいすみ鉄道の存続が決定した時期と重
 なったため、タイミング的にはベストな状況でした。

  私は、この車両が解体されることを防ぐため、周囲の関係者の反対を押し切り、JR
  西日本に譲渡交渉を申し入れこの導入が決定いたしました。
  窓が開く車両、向かい合わせの座席で季節の風を感じながら昭和の汽車旅がお楽しみ
  いただける。
 
  そんな鉄道シーンは私たちの心のふるさとと言えると思います。
  私は、このキハ52-125が、これからもたくさんのお客様の笑顔を運び、鉄道ファンの
  皆さま方の被写体として末永く可愛がっていただけることを切に願っております。
 
  温暖な房総半島の里山の中で余生を送る姿を少しでも長く後世に伝えていきたい。
  ご支援をいただきますようよろしくお願い申し上げます。
              
                 いすみ鉄道 代表取締役 鳥塚 亮



P1240722_20111109221624.jpg





時刻表をメモしていきましたが
 12時も越えてしまい。こりゃ無理だな
 と思っていましたら丁度大多喜の駅
 に停車中でした。
 
 この気動車の想い出についてはまた
 語らせていただきますが
 昭和40年製造の私と同じ歳
 寒さ厳しい信州大糸線での仕事を
 終えて「いすみ鉄道」にめでたく
 引き取られました。
 

  もちろん社長のご尽力の賜物です。

 最盛期の国鉄色に塗られてこうして
 千葉で活躍してもらえるとはほんとに
 嬉しい限りです。




P1240701.jpg



●とんかつの店「亭有家」です。
昨年大多喜の街を散策した時にすごい行列
にあきらめたのですが今日は少し並んでから
入れました。

P1240738.jpg



メニューも豊富でそのネーミングがユニーク
です。大名・旗本ですからね
(それぞれ大きさで松竹梅)(笑)


P1240749.jpg


kako-sTbOLWy63ub1nekB_20111109221936.jpg


「ヘレ「大名」の竹(130g)を美味しくいた
だきました。
地元の人がお土産で何枚かとんかつを購入
していたのが印象的でした。




P1240680.jpg

P1240646.jpg

P1240648.jpg


●「草刈房の駅」
途中11時頃に補給とトイレ休憩に
たまたま立ち寄ったのですがここがとっても
いいスポットでした。

「道の駅」の亜流版かと思いましたが
店頭と店内を見るとここは千葉の地産地消に
寄与するようにと本格的な物品店でした。

・まず豊富なスープメニュー(各二百円)から
 サムゲタン。ウマ!
 店内をウロウロすると各コーナーに試食コーナー
 が。

 「サンマの蒲ちゃん」「いわしの銚子煮」「ちりめん」みんなウマ!
 ほか、まんじゅう、煎餅等勧められるがままパクパクいただけます。
 食べ過ぎやオッサンと言われそうでしたが・・・

 店頭では取れたての野菜の直売
 市原産の野菜で種類も豊富です。



P1240662.jpg


P1240665.jpg


P1240668.jpg


高滝湖の近くで取れた傘の厚い「しいたけ」
 焼いて醤油を垂らしただけですが激ウマ。

 ついでに市原地方のご馳走「鶏雑炊」も
 どうですかと勧められありがたくいただきました。
 濃厚な鶏の出汁が出ていて極上です。

 店の奥では湧き水もあるそうでボトルに水も
 入れられます。

 腹も一杯(すっかり補給しすぎです(^^))

 元気のいい若い青年が店頭で案内していて
 活気もあります。


P1240658.jpg
P1240674.jpg



 最近入社したという浦安出身の若い店員さんと
 話していると、ららぽーと、八千代、鎌ケ谷にも出店し
 さらに市川方面にもどんどん出店を計画している
 そうです。

 もともとは市原の諏訪商店という卸問屋さんだったらしいですが
 Webサイトを拝見すると志も高く若い活気が有る人々が
 働く会社のようです。
 「農業王国千葉」に相応しい会社ではないでしょうか

房総方面へのツーリングの休憩処として大変お奨めです。

 こんど鎌ケ谷店も行ってみようと思います。

P1240785.jpg

P1240822.jpg





P1240825.jpg



帰りは27号線で茂原まで走り「特急わかしお」で「輪行」


今週も100キロ走りましたがそれ以上に食べたような気が・・・・。



P1240830.jpg









スポンサーサイト
  1. 2011/11/05(土) 21:14:26|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<■CYCLE MODE 2011 | ホーム | ■東山魁夷美術館 「ドイツ追想の旅」>>

コメント

No title

キハ号に乗れたんですね。家人もこれに
乗りたいといっておりました。
大多喜のほうは、まだ紅葉してませんね。
  1. 2011/11/08(火) 23:15:36 |
  2. URL |
  3. kincyan #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

No title

kincyanさん、この暖かい陽気で大多喜のほうも紅葉はさっぱりでした。
でもいすみ鉄道のキハ号に巡り合えそれだけで満足のツーリングでした。
次回は是非乗ってみたいと思います。

  1. 2011/11/09(水) 22:51:43 |
  2. URL |
  3. dadashin #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sasa06.blog92.fc2.com/tb.php/442-9edb0233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。