【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

■夏の自転車旅:木曾飛騨路[三日目]

P1310800.jpg

おかげさまで昨晩の大雨もあがり今朝も快晴です。

女将さんから出発する我々に美味しい白川茶の
ペットボトルまでいただきました。

P1310808.jpg


白川には鮎釣り師が


P1310819.jpg

ツチノコ発見者には●十万円の懸賞があるそうです!



P1310830.jpg


P1310837.jpg


白川沿いの景色を堪能しながらのんびりとペダルを回します。


P1310852.jpg
P1310868.jpg




P1310893.jpg
P1310908.jpg


撮影しながらのんびりと



P1310916.jpg

やがて一時間程で国道41号線に合流します。
ここから緩やかですが登り基調になります。

道の駅「美濃白川」にて
ここは野菜、豆腐、お茶等地産ものがとても豊富
試食つまみ食い


P1310923.jpg
P1310941.jpg
P1310943.jpg


ヒラタクワガタ・ミヤマクワガタ売っています。


P1310947.jpg


飛騨金山「道の温泉駅」にて昼食
贅沢に「飛騨牛の朴葉味噌焼定食」をいただきます。

一行はここから郡上八幡を目指しますが私は残念ながら
ここにてお別れ。


P1310952.jpg

気を付けて、
今年も楽しい自転車旅でした!みんなありがとう!
みなの旅の今後の無事を祈念します。

彼らはこれから郡上八幡~永平寺~福井(8/9着予定)
まで走ります。





P1310953.jpg

ダムがとても多い

P1310956.jpg

JR高山線も険しいルート



P1310963.jpg
P1310965.jpg



さて険しい飛騨川を眺めながら下っていきますが
南風の向かい風もあるせいか独りランになった途端に遅くなります。
まあいつもとおりにノンビリ行こうとコンビニ、道の駅に
寄り道しながら走ります。



P1310971.jpg

列車が追い抜く


P1310975.jpg


「天心白菊の塔」にて日本のバス史上最悪の事故現場。

合掌。

切り立つ山、下の渓谷を見ていると押し寄せる恐怖感。

このあたりから少し曇ってきました。


P1310980.jpg


JR美濃太田の車両基地(15:00頃)
懐かしい気動車や客車が寂しそうに
朽ちていました。


P1310987.jpg


美濃平野部に入りこの頃からだいぶ疲労感が
強くなってきました。

中仙道沿いの美濃太田市街並み。通過しただけ


P1310990.jpg

P1310991.jpg


飛騨川と木曽川が合流しいわゆる広大な川幅の日本ラインに
(「日本ライン」という名はドイツのライン川の風景に似ているという
ことが語源だそうですね初めて知りました)
とにかくこの木曽川、飛騨川はダムの量、流水量ともにすごいものが
あります。



ドイツ的風景、木曽川の北側沿いを走ります。


P1310996.jpg


名古屋、岐阜まで30kmくらいという道路標識が見えてきました
クルマの量も多くなってきましてコンビニで栄養ドリンク等で
補給しますがいよいよ身体&足が重くなってきました。
平野部に入り気温も33度と暑さも堪えます。



犬山橋で木曽川を越えて無理せず国宝「犬山城」の天守閣を望んで終着
とすることにしました。
城を見学する余力ももはやなく・・・・。


P1310998.jpg
P1320002.jpg


名鉄「犬山」駅前のコンビニの洗面所を借りて
濡れたタオルでから身体を拭いてからTシャツ短パン
に着替えます。

愛知、名古屋の地理には全く疎い私は駅員さんに聞いて
すぐ着た豊橋行きの特急電車に乗り込み25分ほどで
名古屋駅に到着します。
名鉄名古屋からJR新幹線ホームまで
エッチら自転車を担いで(距離が長く人も多い大変。)
5時半発の「のぞみ」にて帰宅しました。


P1320004.jpg


愉しいことはあっという間ですが缶ビールを飲みながら
旅の余韻にひたり、■本日のルート 約100Km

スポンサーサイト
  1. 2011/08/07(日) 11:00:05|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<■ラレーBike | ホーム | ■夏の自転車旅:木曾飛騨路[二日目]>>

コメント

No title

3日間、お疲れ様でした。
さすが、山間部はダイナミックな風景で見ごたえありますね。
走っているときは苦しくても、終わった時の達成感はきっと大きいのでしょうね。

こんな本格的なサイクリング、いつかはと思うのですが、もう(歳で)私には無理かな?

いつもdadashinさんの写真はいいのですが、今回は特に良かったなあ。

  1. 2011/08/16(火) 13:46:45 |
  2. URL |
  3. フリー #-
  4. [ 編集 ]

No title

フリーさん
こんにちは、ご覧いただき
ありがとうございます。
四十も半ばを超えて今年は
いよいよしんどい思いをした
旅でしたが山、川の風景は
雄大で本当に素晴らしい
ものでした。
ランドナーでまたいつかのんびり
走りたいものです。
  1. 2011/08/19(金) 07:49:26 |
  2. URL |
  3. dadashin #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sasa06.blog92.fc2.com/tb.php/381-b257a6f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)