【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

■関西近代建築散策記(神戸旧居留地編)

8月の終わり、家族旅行で関西に行ってまいりました。
この酷暑の中、なぜにわざわざ好き好んで関西ヘ?
ですが、家内も子供も大阪在住の時の旧友に久しぶり
に再会できるとあって楽しそうです。

私は日頃の好き勝手放題の罪滅ぼしにとポーター(荷物持ち)
の任命を拝受して同行いたしました。
本当はFoldingのダホン号をもって行きたかったのですが・・・


P1010234.jpg

新大阪から御堂筋線で千里中央に至り、一旦任務開放。
待望の単独自由行動となります。

久しぶりに色々なところの懐かしい風景も見たく、箕面までバス
で向い、マルーンカラーの阪急電車で池田・宝塚を経由します。

阪急電鉄100周年の看板


P1010246.jpg

宝塚付近、武庫川を渡ります。子供が小さい頃数回行った「宝塚遊園地」も閉園
となり、立派なタワーマンションが建築されていました。


P1010250.jpg


仁川付近から望む「甲山」私の好きな阪神間の風景です。車内から。

西宮北口も大型の商業施設ができて活気づいていました。
私が大阪に赴任した平成10年当時はまだ震災の爪痕
が残っていましたが大きく復興したようです。

P1010271_20100904094316.jpg


三宮到着、駅前のステーキ屋にてランチし、目的地の海岸部へ
歩いて向かいます。神戸も暑い。。


P1010295.jpg

さて古い建物好きな私は今回、あらためてじっくりと関西の近代建築を
見学してみようをテーマに街歩きをしてみます。

持参した参考書は「MeetsRegional2004年4月号」

P1200041.jpg

いいガイドブックでした。

トップバッターは「新港貿易会館」三連窓や玄関周りのアールデコ様式
が重厚(以下建物のコメント皆教本のパクリです)


P1010290.jpg

P1010301.jpg

●昭和9年築(1934)


P1010299.jpg

続いては
神戸港湾部のランドマーク
[神戸税関]昭和2年築(1927)
震災、経年を経て圧倒的な存在感です。

P1010304.jpg

基壇部に石、上部にタイル素晴らしいファサード
大震災の時もこの建物は無傷だったそうです。



P1010311.jpg


と、汗だくになってカメラをぶら下げて見学していますと
入り口にいた警備員のおじさんが「中にはいれるで」とおっしゃり
手招きされるので内部へ
入館章を首からぶら下げ「ほんまはあまり写真撮ったらアカンのやけど
まあ人が観ていなかったらかまへんからこっそりな。」とご親切??な
ご案内のもと重厚な造りの建物内を拝見させていただきます。


P1010331.jpg

P1010337.jpg

ドーム上の天井部、圧巻です。

P1010313.jpg
P1010326.jpg

見ごたえ充分でした。


内部の資料室では密輸の手口等も展示されており面白かったです。
(野球のバットの中に麻薬とか、笑えます)


P1010345.jpg

続いて旧居留地へ向かいます。

P1010355.jpg

海岸通から神戸大丸あたりまでが見所ですが
ずっと外にいるのはしんどく。館内に入って涼みながら
歩いていきます。


P1010358.jpg


こんな暑い午後、人通りもほとんどありません。


P1010364.jpg

こんな自転車があれば散歩も尚、いいのですが。
これはLLBeanさんの商品でした。


P1010370.jpg
現存する唯一の居留地時代の建物(復元)

P1010374.jpg

1970年代ころまではこの旧居留地あたりは単なる古いビルが立ち並ぶエリアと
いう観られ方をされていたようですが、80年代あたりから街並み復興機運が高まり
更に震災で歴史的建築物の保存維持意識が神戸市民の間で高まり今のような
景観になっていったようです。


P1010380.jpg

内部は通常のオフイスビルとして使用されています。

P1010381.jpg
P1010383.jpg

商船三井ビルディング 大正11年(1922)
ルネサンスをベースにしながらシカゴ派の影響を感じさせる
アメリアンタイプのオフィスビル
今、内部にはインテリアショップが


P1010389.jpg

玄関部



P1010386.jpg

海岸ビル


P1010395.jpg

旧三井物産神戸支店(1918)竹中工務店施工
海岸通の近代事務所としては最初の建築。
明治・大正の著名な建築家・河合浩蔵の代表作

P1010401.jpg
P1010404.jpg



内部も開放的な吹き抜けで明るい雰囲気。

P1010414.jpg


[銀泉神戸ビル]昭和9年(1934)(旧神戸住友ビル)清水組施工

3つの半円アーチというのは当時の住友銀行関係の建物
共通のデザインだそうです。
クラシック。



P1010418.jpg

旧居留地38番館(現大丸神戸店)旧ナショナル・シティ・バンク・オブ・ニューヨーク神戸支店)

昭和4年築(1929)

ヴォリーズ作品竹中工務店施工

4本のギリシア風円柱が古典的

P1010421.jpg


経年した壁の石の色の味わいがなんともいえません


P1010423.jpg


P1010426.jpg

この界隈の中心に位置する「大丸百貨店神戸」です。

本館もさることながらこの旧居留地界隈の古い建物に
ショップを配置しこの一体をDAIMARUゾーンに
している素晴らしい店舗展開です。

一時期三宮の一番店は「そごう」だったそうですが
この大丸のエリア開発が功を奏し、神戸一番店の座を
奪取したそうです。

私も百貨店NO1だと思います。

P1010435.jpg

P1010438.jpg


震災という辛い時期もあったからでしょうが、神戸の人々が街並みの景観を
大切にしているのがわかります。

大丸の入り口で涼んでいると粋な佇まいの中年紳士が
デパートの受付嬢に「来年も阪神は真弓監督が続投か?」
というような話をしていたのをしばらく見ておりました。

そのベッピンな受付嬢さんは「真弓監督はどうでもええけど
金本さんが打ってくれればそれでワタシはええです」
鋭く(?)その紳士に切り返しておりました。
久しぶりに関西人の面白いやりとを楽しませてもらいました。

P1010410.jpg


P1010453.jpg

この大きなアーケードも好きな神戸の街の風景です。

喫茶店で一服します。



P1010463.jpg

しめは「モトコー」と呼ばれる元町のガード下商店街です。

同じガード下ですが上野アメ横よりは洗練されていて
若者向けの靴屋・洋服や等がならんでいます。
ここも懐かしく歩きました。


三時間程度でしたが久しぶりの神戸の街、堪能しました。
相変わらず街を歩く人々はフアッショナブルです。

次は是非自転車で北の異人館方面をポタりたいです。





























































スポンサーサイト
  1. 2010/08/24(火) 09:53:35|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■関西近代建築散歩[大阪堺筋編] | ホーム | ■柴又 夏の夕暮れ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sasa06.blog92.fc2.com/tb.php/174-63a8b72e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)