【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

■惜別 「大丸百貨店 心斎橋店」by William Merrell Wories

P1140640.jpg

本日12月30日にて建て替えのために
営業を終了する「大丸百貨店 心斎橋店本館」

ウイリアムズ ヴォリーズ設計。

日本の百貨店建築の最高峰。

御堂筋、大大阪の都市文化の象徴であった
歴史的名建築物が幕を閉じます。

P1140684.jpg

まさに驚きの芸術的造作です。
圧巻は1階フロアの天井部意匠。

----------------------------


ウイリアムズ ヴォリーズはアメリカの実業家、建築家で
子爵令嬢の一柳 満喜子と結婚し挙式したのが明治学院大学
の自身が設計した礼拝堂。

二人の結婚にはただいまの朝ドラ「朝がきた」のヒロイン
実業家、広岡浅子の大きな後押しがあったとのことです。







P1140632.jpg

御堂筋側からの正面エントランス。

P1140633.jpg

優美なアールデコの華やかさを表現する外壁部。
1階は花崗岩張り、中間層はスクラッチタイル張り、
最上階はテラコッタ仕上げ。

P1140637.jpg


P1140640_20160117084219cbd.jpg

P1140641.jpg

遠景からもまた寄ってみてもうっとりしてきます。

P1140642.jpg

御堂筋の側道側にはこんなオブジェも。

P1140645.jpg

雪の模様なのでしょうか。

P1140660.jpg

P1140658.jpg

「大丸」のシンボル、孔雀。

P1140653.jpg

建物内部へ麗しい受付の方に撮影の許可をいただきます。

1階メインフロア、こちらがこの建物内部の最大の魅せ場でしょう。

P1140657.jpg

凝った意匠ですが照明が内部に設置されていることに気が付きました。

P1140669.jpg


P1140672.jpg

高い天井を支える太い柱の付け根無部分にまで照明造作が
施されております。

P1140677.jpg

鳥類の造作が要所に。

P1140679.jpg

P1140683.jpg

細部を凝視するほど緻密な造りに驚きます。
施工は竹中工務店。こうした内装意匠の
専門職人はどのように集合させられたので
しょうか。

P1140684_20160117085748152.jpg

1階は百貨店定石通りの化粧品売り場。

この優雅な空間で寛ぐ大阪の御婦人、
さぞ心地よいことでしょう。

P1140687.jpg

P1140664.jpg

中二階のスペース。

P1140667.jpg

P1140676.jpg

優美なエレベーターホール。

P1140674.jpg

P1140671.jpg

P1140690.jpg


P1140692.jpg

ステンドグラス

P1140693.jpg

4階のエレベーターホール

P1140695.jpg


P1140725.jpg

レストランフロア

P1140726.jpg

P1140728.jpg

P1140742.jpg

「ヴォーリーズダイニング」

P1140743.jpg

階段部分です。

古い百貨店は凡そ売り場部分はリノベーションされて
しまい、やがては往年の気配を感じるのは難しいのですが
共用階段部分は竣工時のままに残されており、雰囲気を
味わうことができます。

P1140744.jpg


P1140749.jpg

P1140753.jpg

P1140756_20160117091250131.jpg

P1140757.jpg

P1140760.jpg

P1140759.jpg

P1140761.jpg


P1140770.jpg

一階に戻り天井部分をウオッチング。

P1140777.jpg

正面玄関

P1140781.jpg

P1140788.jpg

P1140790.jpg

P1140792.jpg

P1140798.jpg

正面入口上部意匠

P1140800.jpg

P1140802.jpg

P1150011.jpg

建て替え後の建築模型

現状の建築意匠を極力復元するそうです。
期待しております。

丸の内の「東京郵便局」なんてすっかり
雰囲気変わってしましましたから。

P1140696.jpg

最後の閉店売り尽くしセール。

御婦人方は買い物に夢中で建物を名残惜しむと
いうような方は皆無(苦笑)

P1140710.jpg

催事場は『回顧展』

P1140708.jpg

P1140702.jpg

大正、昭和時代の貴重な店舗内部写真が展示してあり
見応え十分。

師走に遠路大阪まで来た甲斐がありました。

P1140737.jpg

屋上庭園にそびえる「大丸」の看板。

P1140729.jpg

P1140734.jpg

隣は北館、こちらでしばらく縮小営業するそうです。
元「そごう」心斎橋店。

P1150013.jpg

ライトアップされた夜景も美しいと期待し
夕刻に再度外観部を鑑賞。

P1150019.jpg

P1150023.jpg

P1150028.jpg

P1150030.jpg

P1150042.jpg

P1150053.jpg

P1150055.jpg

P1150057.jpg


P1150046.jpg

イルミネーション美しい師走の御堂筋。



■一般社団法人 日本建築学会
『大丸心斎橋店本館の保存活用に関する要望書』

この12月に日経新聞にJフロントリテイリング奥田務氏
「私の履歴書」を興味深く拝見いたしましたが、この中
で創業家12代目当主の下村正太郎氏との想い出話
が熱く語られています。

下村氏は25歳で社長就任、半年の欧米の都市視察後
に当時はまだ無名だったヴォーリーズに建築設計を依頼。
華やかな欧米の百貨店文化をこの大阪心斎橋に実現する
べく、若き建築家に夢と浪漫を託したのです。

「桂離宮」へブルーノ・タウトを案内したのも下村氏
だったとのことで建築への造詣が深かったことが
伺えます。


私が大阪に転勤になったのが平成10年。
街中を方々プラプラしているうちに次第に
「大阪ってすごいな」と思い始めました。

中でも感嘆したのがこの大丸心斎橋店と残念ながら
いまはなき「うめだ阪急ビルのステンドグラス」の
見えるコンコース、地下鉄御堂筋線の優美な駅構内
等です。

東京ではありえない見事なモダン都市景観美でしたね。



551蓬莱の豚マンを地下で買ってビールを飲みながら
新幹線で帰路に。
















スポンサーサイト
  1. 2015/12/30(水) 20:08:01|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<■御年酒 | ホーム | ■中山競馬場 Wonderful Christmas Night>>

コメント

大阪の大丸は昔からよく母と行きました。風情のある内装でしたね。新しい大丸もあのアールデコ風の装いを残して欲しいものです。最近の内装は、どこでも同じ、特色ありません。
  1. 2016/02/02(火) 22:00:57 |
  2. URL |
  3. kincyan #mYbggkm6
  4. [ 編集 ]

この心斎橋とkincyanさんのご実家近くの九条商店街は最も大阪が繁栄していた時代の象徴的な人が集まる「街」でしたね。この文化財級の建物がなくなるのは非常に残念です。
  1. 2016/02/03(水) 16:46:11 |
  2. URL |
  3. dadashin #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sasa06.blog92.fc2.com/tb.php/1161-bd8cfe66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)