【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

■京王閣 日本選手権競輪

P1570476.jpg
京王閣競輪場のスタンドから

周長400m 直線距離51.5m
路面傾斜32度

初めてきました京王閣競輪場。

競輪ナマ観戦初体験です。




P1570486.jpg
スタンドには選手の横断幕。


Imassaadge0003.jpg

注目のレースはこちら。

次回東京オリンピックの女子トラック競技の有力候補。

61戦58勝、連帯率94%のスーパーミラクルガール、小林優香選手。

結果は同じく注目の106期生、千葉所属の石井貴子選手が2着に
食い込み堅い結果に。

競馬でいうと名牝、ダイワスカーレットVSウオッカの名勝負というところかな。

Imahhggge0003.jpg

レースの合間に選手名鑑を観てましたが可愛い選手に
「顔より太もも」はちょっと失礼では。

男子競輪は強固なクロモリフレームに規格品パーツが
定められていますがこの「ガールズケイリン」は
カーボンフレーム(ブリジストンアンカーが多いようで)
にカラフルな色のバトン、ディスクタイヤ装着が可能。
華やかな雰囲気です。

戦後の昭和20年頃の公営競輪創生期には女子競輪も
開催されていましたが1964年に廃止。
2012年に48年ぶりに復活したのがこの「Girls KEIRIN」。

P1570508.jpg
一週目、先導車が牽引します。


P1570505.jpg
中盤から「まくる」小林選手。

小林選手のギアは「3.64」
スマホの電卓で計算すると(笑)
フロント44でリアのスプロケ12(44÷12)くらいでしょうか
最高速度70km位とのことですのでまあスゴイ走力です。


P1570497.jpg
幟旗


この京王閣、
阪急電鉄の宝塚を参考に造ったレジャー施設の跡地にできたとのことですが
もはや「東の宝塚」の面影はありません。

かつては多摩川園、船橋ヘルスセンターと昭和20~30年代は日本人はこうした
レジャー施設で楽しんでいたものです。

P1570493.jpg
場内の飲食店「まくりや」

いや~、とにかくこの場内のディープ&デカダンな雰囲気に癒されます。
昭和の時代にタイムスリップ。

年度末の3月、仕事も追い込みで忙しく、もがいていた
私はほっとしました。

人生に、仕事に疲れた中年男を癒してくれるスポットです。

皆さんビールやホッピーを呑みながらレース表を
睨みながら真剣に予想。

「THE賭博場」の雰囲気が色濃い場内。
時々通う競馬場が健全に思えます。

モツ煮やおでん等のB級グルメのアテが充実しており
けっこう一日楽しめます。

P1570514.jpg

10レース・日本選手権GⅠ男子S級準決勝

男子のレースも迫力満点なのですがスタンド
からの野次もこれまた強烈。

「ボケ~、おまえなんかもう走るな!」
「こっちは生活かかっているんだ!どうしてくれるんだ」

走っている選手はもちろん真剣なのになにもそこまでいわんでも・・。

聴いていていたたまれなくなります。

無頼派の色川武夫氏、伊集院静氏が「ギャンブルの王様」
と愛していた「競輪」

要領がよくわからず車券は買いませんでした。

〔付 記〕

競輪選手から絶大な支持を受ける
我孫子のフレームビルダー牧野氏

■マキノ・サイクル・ファクトリー
訪問記 2009.09月   2013年09月








スポンサーサイト
  1. 2015/03/21(土) 22:07:00|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■春爛漫ポタリング | ホーム | ■HOTEL Okura  圧巻の建築美>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sasa06.blog92.fc2.com/tb.php/1075-274496a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)