【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■ONOMICHI U2 (広島県尾道市)

P1520367.jpg

■ONOMICHI U2

8月しまなみ海道を走りましたが
こちらの建物に滞在、見学することを
楽しみにしておりました。

尾道港で古くから利用されてきた海運倉庫
をリノベーションしてサイクリングスポット
の一大拠点に仕上げた見事な複合施設です。




戦時中に建てられた尾道水道に面した古い海運倉庫「県営上屋(うわや)2号」。

この歴史ある建物をサイクリストのためのホテルを中心とした複合施設へと
コンバージョンするプロジェクトです。

この尾道水道に面しているロケーションが抜群です。

行き来する船の往来と音が感じれます。


P1520377.jpg

宿泊したホテルは施設の最奥部にあります。
アメニティのタオルはもちろん今治タオル。


P1520379.jpg

室内に自転車が置けるように壁面にハンドルをいかしたバイクフック。


P1520381.jpg

窓のサッシは鉄に塗装、
内装、調度品ははウォルナット調の家具。

壁面はポーターズペイント、質感 フレンチウォッシュ
色 WHITE RHINO with ANISEED
深みのあるシックなグレーが粋!

落ち着いたシックな内装。

拙宅の改装の参考にしたいです。

P1520384.jpg

照明にもひとつひとつこだわりが。

P1520386.jpg

倉庫の内部をスケルトン状態にした後、二層にしてホテル部を造作したそうです。

P1520389.jpg

受付、ホテル内部にバイクラックが。

P1520391.jpg

こちらは物販店舗で瀬戸内の色々な名産品、酒類が陳列。

P1520393.jpg
P1520395.jpg

この無骨な空調のダクトがいいアクセントになっております。

P1520401.jpg

建物外部は既存建築物として建築基準法上、ほとんど手を加えられませんので
外見と内部の意表を突いたコントラストがお見事です。

P1520406.jpg

受付のオブジェ。

P1520417_20141230063603177.jpg

鉄と木を巧く使った内装ですが
決して無機質にならない谷尻氏の手腕の脱帽。

P1520491.jpg

P1520499.jpg

煉瓦が美しいレストラン内部の厨房部分。


P1520518.jpg

尾道市内を散歩して夜はこのレストランで美味しいものをたらふくいただきました。

P1520511.jpg

有機野菜のバーニャカウダーソース。

P1520521.jpg

P1520525.jpg

P1520500.jpg

イタリア産ラルドを乗せた岩子島トマトのクロスティーニ。

メニューを観てもなかなか現物を想像できませんので地元の高校生の
アルバイトのウイエトレスさんにうるさく質問してばかりですいません(笑)。

店員さんも素晴らしいおもてなしで料理も雰囲気も存分に堪能いたしました。

P1520540.jpg


P1520550.jpg

P1520543.jpg

夜の施設内。

P1520560.jpg

こちらは朝めし。

P1520567.jpg

焼き立てパン食べ放題のメニューもありました。

P1520603_20141230064812d93.jpg



いかがでしたでしょうか。

レンタサイクルも充実したジャイアントショップもあって

施設の意図する「しまなみ海道」サイクリングの拠点ならびに観光施設という
役割を十分担っていると思います。ハード面はもちろんソフト面でも素晴らしい
施設ということを訪れてみて実感いたしました。

千葉でも外房や館山、千倉あたりにこうした施設ができるといいですな~。

設計:谷尻誠・吉田愛

■詳しいスペックは「新建築」に掲載。

新進気鋭の建築家の谷尻 誠氏は今注目すべき建築家の一人ですが
こうした施設系にとどまらず商業施設等のインテリアも手掛けております。

私もお金があったら氏に個人宅を建てていただきたいものです。

いいなと思う作品のいくつか。

■尾道の家

■千葉の家(どこにあるのだろうか?)

■等々力の集合住宅

「尾道」また再訪したい街です。


長文失礼いたしました。





スポンサーサイト
  1. 2014/09/14(日) 06:21:06|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■稲穂の風景、手賀沼周遊 | ホーム | ■中山法華経寺界隈>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sasa06.blog92.fc2.com/tb.php/1041-6b5acc27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。