【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

■new angle new day 視点を変えよう

P1000810.jpg

リコーさんの広告。


いいな~。と見とれてしまいました。


new angle new day 視点を変えよう


年をとるほど思い込み、先入観にとらわれます。

気をつけなければ・・・。

スポンサーサイト
  1. 2010/08/30(月) 17:09:30|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■運河いい朝市・三郷ららぽーと・熱射病手前に

私も話題の!
■運河いい朝市

にのんびりと行ってまいりました。


P1020695.jpg


私がついたのは10:30過ぎだったのでもうほとんど
品物は売り切れで店じまいされていましたが、

美味しい冷えたトマトとキューリ漬をいただきました
塩をつけてほお張ります。



P1020705.jpg
P1020709.jpg


お店の女性いわく朝から自転車乗りの方が
大勢いらして大盛況だったようですね。


P1020723.jpg

運河交流館で歴史勉強もいたしました。


P1020725.jpg
P1020745.jpg


今はひっそりとしています運河ですがこんな汽船が往来していた輝かしい
時代があったのですね。

P1020751.jpg


■こんなお店新発見今まで気がつきませんでした
「割烹・新川」、天然鰻重(「坂東太郎」というネーミングもすごいですが)  五壱千円也。
勇気がいるお値段です。

どなたか召し上がられた方いらっしゃいますでしょうか?

隣には西洋料理店もございます。


P1020768.jpg
P1020760.jpg


■日差しをなるべくさけて傾斜地沿いを進みます。
 はじめて走りますがのどかないいコースでした。
 でも正午近くとなり日よけ効果はありませんでした。

[深井の湧水]にて可愛い三姉妹(おそらく)
がザリガニを釣っていました。
しばらく見せていただきます。
イカを餌に簡単に連れるそうです。
今度愚息を連れてきましょう!


P1020771.jpg



流山市の粋な道標看板が
[雑木林コース]というそうです。




P1020777.jpg



■次なる目的地は、はじめていく「ららぽーと新三郷」です。

この辺の東葛エリア柏・柏の葉・流山おおたかの森・新三郷
越谷レイクタウンとここ数年大型SCのopenが目白押しで
商業施設大激戦区となっています。

私はあまりこうした大型商業施設はあまりなじみがないので
(まあそんなに買う物がない)一回見たらもうリピートしないと
いうことが多いです。

でも食い意地が張っているので食べ物系に釣られて出向いて
見ることにしました。

江戸川CRから10分程度で到着します。
新しい一戸建ての分譲地もできておりました。


P1020787.jpg


目指す「みさとフードコート」ご当地グルメの元気食堂
というネーミングです。

この中の『船場カリー』をいただきました。

先週大阪に行った時にこの「船場カリー」は食べたいもの
上位ランクに掲げておりましたがHPをのぞいてみると
なんと「新三郷ららぽーと」に出店のご案内が!

ということで本日の訪問となりました。

■『船場カリー』大阪のカレーフリークには有名です。

1997年に船場のセンタービルにオープンした時から
私はこのカレーにゾッコンとなり大阪フェイバリット
カレーランキング上位に入っておりました。

大阪はカレー好きな方には有名な
「インディアンカレー」「自由軒のカレー」
(※イオンレイクタウンに出店されています)
等オリジナリティ溢れる美味しいカレー
があり、最近は関東地方にも進出し、
メジャーになってまいりました。

・6年ぶりくらいですが「イカ墨」を入れた
独特な黒い色のカレーを美味しく堪能いたしました。
「スジネギカレー」
(まあ些細なことですが
ネギが本場大阪のネギと少し違っていたようです)


P1020778.jpg


今日はもちろん周遊するだけでしたが
このフードコートは
①「盛岡冷麺ぴょんぴょん舎」
②信州長野戸隠蕎麦「大久保西の茶屋」
③静岡「富士宮のやきそば:こころ」
④北海道知床の「いくら丼 :うえだ」
と各店のHPを見てみても超有名店で
よくこれだけのお店を誘致できたなと
驚きます。

恐るべし!です。M不動産のテナントリーシング



その他、大阪千日前の「丸福 珈琲店」

もあり次回訪問時はフードコート→
「丸福 珈琲店」
でホットケーキという
計画も早くも立ちました(笑)



しかし本日はここからが「苦しい時間帯」となりました
もはや太陽がギラギラする午後1時過ぎの気温上昇時
しかも江戸川CR夏の午後恒例の「暑い向かい風」

ペースも上がらず、息も苦しく、足も重く
これが熱中症一歩手前症状か?となり
やや危機感を感じました。

松戸市街地におりてコンビにで
アイス・氷・飲み物を身体に流し込み
一息つくことができましたがこれほど
暑さにバテたのも久しぶりです

ここからも矢切・国府台と
アップダウンの道をヨタりながら
遅走しなんとか帰宅することが
できました。

まだ高い気温の日々が続きますが
本当に日中のRideは要注意ですね。

自宅の水風呂でクールダウンしまして
ようやく身体の火照りも落ちました。






  1. 2010/08/28(土) 22:06:21|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■近代建築散策[おまけ:参考文献編]

三日間の実査でしたが
帰宅しあらためて書籍で再研究してみました。

ちなみに夏の宿題もまだままならない愚息への見せしめも含んでおります。

いつもお世話になっている市川中央図書館は
こんな拙者の要望に応えてくれる素晴らしい蔵書量です。


いずれも高価な本でとても購買できないので「借りられる」
のはとてもありがたいことです。


■『日本近代建築大全【西日本編】』講談社4700円也


P1210366.jpg


A4サイズ300ページのすごいボリューム。
【東日本編】もあるのですが、東日本、東京の建築は政府主導で進められたのに対し、
関西の建築はキリスト教、関係者や財界人等の民間主導であった点が特色で、大阪では
近代建築の名作を通じて東京に対抗するように「大大阪(だいおおさか)」の実現を
目指していたとと著者の米山氏は語っています。

カラー写真も素晴らしいいです。



■『建築MAP大阪/京都』 TOTO出版 1700円也

P1210372.jpg

建築ウォッチング入門者(私のような)には必携のガイドブック
MAPも判りやすくかつ「関西建築孝現学」等コラムが読ませます。


■『近代建築散歩』大阪・京都・神戸編:宮本和義・アトリエ5著 小学館2900円

P1210378.jpg

宮本氏は写真家なんですね。撮影のアングル等参考になりました。



■『民家・街並み探訪辞典』吉田桂二著 :東京堂出版 2900円

P1210370.jpg

全国の街並み保存について厳しい内容のことも述べられています。
著者は「全国街並み保存連盟顧問」。


しかし掲載されているのは圧倒的に中部~関西、西日本地方

関東では結城市と川越市のみ
夏に行った宮城の登米町も出ていました。


■神戸・街ものがたり:文と絵 安田 泰幸 

P1210367.jpg

安田氏は神戸在住のアートディレクター
スケッチも素敵ですが神戸を愛してやまない気持ち溢れるエッセイも
いいマッチングです。










  1. 2010/08/27(金) 09:23:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

■関西近代建築散歩[京都編]

P1020227.jpg

昨晩の京都。京都は夜が早いですよね。

酩酊して錦市場とかフラフラしていましたが
夜9時過ぎでもう人気もなくなんか不思議な感覚だった
ことを記憶しています。


P1020274.jpg

さて二日間ウォーキング フィールド調査(?)でしたが
今朝はホテルのレンタサイクルを借りて徘徊です。

一応内装変則3段でした。


P1020006.jpg


京都も北側は住宅地です。
近代建築以前の町屋見学となります。
泊まった所が御所の西なのでここから西陣方面に向かいます。


P1020279.jpg


住宅地がメインですが鞍馬口通りを中心に商店街に「おッ!」という
建物が見つかります。



P1020290.jpg


一階がCAFEになっていたり


P1020297.jpg

名所:船岡温泉:これも著名な建築物だそうです(後日の参考文献調査で判明)
内部の造作が渋く、よく京都のポタ時に利用しました。いい銭湯です。


もちろんまだ朝なので開店前です。



P1020285.jpg


京都好きな方でしたら「淡交社」は馴染み深い出版社でしょう。
本社は堀川紫明にあるとは私も知りませんでした。

P1020319.jpg


堀川北大路にある「じてんしゃてん」懐かしいです。よく覗いていました。



P1020330.jpg


鴨川上から北山をのぞむ。好きな京都の風景

P1020348.jpg


東山と夏の雲


P1020344.jpg


なんど走ってもいいものです。ここは出雲路橋からの眺め



P1020356.jpg

一時間くらいのポタでした。


P1020482.jpg


京都に自転車はほんとうによく合います。
(夏は厳しく暑いですが・・・)
自転車を持ってこなくてもKCTP等いいレンタサイクルも
ありますしね。




P1020515.jpg



バスの一日周遊券を買ってバス内で涼みながら回遊します。
この暑さ。(36度!)ちょっと歩けません。

学業(上昇)祈念に北野天満宮に神頼み。

効果期待してます。


P1020530.jpg


今度季節のいいときに上七軒界隈を散策したいと思います。
独特の味わいがありますよね。この周辺。昔の花街



P1020543.jpg

京都府庁前の「やまびこ」すじカレーうどん

★★★ ラーメンも京都は高レベルですがこうした一般庶民が
はいるようなお店のこうしたメニューが絶妙ですね。


P1020571.jpg


子供達はまた川遊び、しかしよく飽きないもんです。

私は木陰で昼寝。

P1020586.jpg

すこし涼しくなってきて街中に入ります。
島津製作所本社


P1020600.jpg

三条通りをてくてくと。
京都の近代建築物はいわゆる田の字エリア(御池通~四条通りの間)
に集まっています)

P1020608.jpg

夕方ですがまだ暑さが和らぎません。このへんも人気も少なく
数分でバテてきます。


P1020614.jpg


もうすごい西日の暑さでこれ以上は歩けん!となり建物見学は断念します。

中古CD屋・古本屋見学等(ゆるめ散歩)に切り替えます。

ここは「レストアの森」という有名なヴィンテージバイクショップ

よくまあこんな古いロードバイクを集められたな~。と感心しました。

自転車だけでなく洋服もたくさん売っております。

フアッショナブルに古いバイクを漕ごう!というコンセプト

でしょうか。






P1020656.jpg


というような暑い関西の三日間でございました。

濃縮&充実した街並見学ワーキングでした。

今後、老後に向けての研究課題のひとつにしたいと思います。































  1. 2010/08/26(木) 21:32:34|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■大阪京都散策記(おまけ編)

久しぶりの梅田界隈は特に阪急の梅田駅ビルが大きく変わっていました。



P1010695.jpg


従前の阪急のビル。とても好きだったのですが巨大な超高層ビルに変貌、

阪急百貨店も新装されていました。

阪急、大丸、阪神、そして今度は北口にJR三越・伊勢丹もできるそうで

日本一の百貨店激戦区では?



P1010705.jpg

娘に同行してHEP FIVEへ大阪の若者をウォッチング。

どことなく東京ファッションとは違うオリジナリティがありますよね。



P1010750.jpg


観覧車から大阪一望。まるでオノボリさん




P1010832.jpg

やはりナニワにきたらコレ!
本場は旨い!

千葉から観光で来たと申すと
焼いてくれたお店の方がサービス満点で面白く、
かつ手際の良いコテ裁き。

先日越谷のレイクタウンに新規出店した際に
バイトで採用した埼玉の若者に「技術指導」した
そうですが・・「全然アカン」かったそうです。

そりゃそうでしょうな。関東の男の子でお好み焼きを上手に
焼ける子がどれだけいるか?(私も中級レベルですが)


P1010860.jpg


中之島のGraf(家具屋さん)見学
店頭に電動レンタル自転車あり。走りたい!が却下。


P1010870.jpg


淀屋橋から京阪電車で京都へ

そうです。水都、大阪は橋梁の建築も見ものなんですね。



P1010934.jpg



出町柳着。恒例の鴨川水遊び、彼らの京都行きの主目的はこれとカキ氷
だそうです。


京都も暑いです。早くBEERを!!














  1. 2010/08/26(木) 18:28:24|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■関西近代建築散歩[大阪堺筋編]

続いては淀川を越えて
大阪の街に入ります。


P1010471.jpg

ダホンでよく淀川の河川敷を走ったものです。
車止めがあって走りくいのは相変わらずなのは今も変わらないようですが



P1010476.jpg

地下鉄 御堂筋線梅田駅

これも大阪を代表する有名な建築物でしょう。
川の下を走る地下鉄を逆手にとって駅はドーム状の
建築構造。そこに蛍光灯のご立派な照明がつきます。

私ははじめて観た時この立派な駅の意匠に驚きました。
東京の地下鉄にはないものです。

しかも「淀屋橋」「本町」「心斎橋」と駅ごとに異なる意匠

モダン都市「大阪」の先見性がしのばれます。

P1010485.jpg

堺筋線で南下

モダンなイメージで阪神間、京阪間を走る阪急電車が大阪市内南部まで
乗り入れています。

東京であれば東急の電車が北千住まで乗り込んでいるような?感じでしょうか。


P1010495.jpg


恵比須町にて阪堺電車、味のある路面電車です。


P1010515.jpg


通天閣:昭和31年築 100mの電波タワー今のは二代目です。(奥村組施工)
なんと設計者は東京タワーと同じ方だそうです。


P1010507.jpg


目指すは「履物や&JAZZ CD店【澤野工房】」
外観はとてもCD店には見えません。



P1010504.jpg

有名なご主人澤野氏、自転車もお好きなようでどこかの自転車雑誌に出ていたのを記憶しています。
二年前に錦糸町のすみだホールのLIVEにてお目にかかったお話を喜んでいただきました。

しばし談笑させていただきCD一枚購入。


P1010510.jpg

澤野工房販売の『下駄』に惹かれましたが思いとどまりました。


P1010518.jpg

さて日本橋の電気街・千日前を経由し「堺筋」を北上します。

■大阪農林会館(旧三菱商事大阪支店)
 昭和5年(1930築)
まさに大阪モダニズム建築の本流



P1010525.jpg


■堺筋倶楽部(アンブロジア)旧川崎貯蓄銀行大阪支店
 昭和6年(1931築)
 オーナーがリノベーションを提唱レストランとして復活


P1010530.jpg


優美な建物です。夜はライトアップされて更に雰囲気でそうです。



P1010532.jpg

ワイズロードがありました。こちらでも大きな店舗!



P1010537.jpg


■明治屋ビル 大正13年(1924) 竹中工務店
東京は京橋にある明治屋ビル
竣工当時は舶来品を扱うハイカラなお店として船場の旦那衆
にうけていたそうです。

200件以上手がけた戦前最大の建築事務所「曾禫中条建築事務所」
の作品

今は1Fにコンビニが入りやや趣がそがれます。


P1010551.jpg

■生駒ビル 昭和5年築(1930)大林組施工

水平モールとアールデコが特徴

御堂筋拡張前このあたりが大阪の中心部だったようです。

交差点を睨む鷲の彫刻も。


P1010555.jpg
P1010556.jpg

■日本キリスト教会浪速教会 竹中工務店+ヴォーリーズ(1930)

ここは内部が素晴らしいそうですが残念もう今日は見れません。



P1010562.jpg


■シエ・ワダ本店高麗橋
明治45年(1912)築 赤レンガと白いボーダー
イギリスで1870年流行したクイーンアン様式+゜辰野式




P1010568.jpg


■八木通商ビル 大正7年築(1918)旧大阪農工銀行
辰野片岡建築事務所設計のビルを清水組(建設)が中東アラベスク風に改修
壁の色合いといい独特な意匠の建物で雰囲気抜群です。
とても気に入りました。


P1010572_20100905102906.jpg

私は会社が御堂筋沿い(梅田のちに本町)にあったので御堂筋~四ツ橋エリアは結構
昼も夜もふらふらしていたのですが今回、じっくり堺筋沿いを歩いてみて大正~昭和初期の
繁栄していた「大坂」の時代の面影を残すのはこちら堺筋側だというのがよくわかりました。

あの頃、もっと実在していた建物が多かったはずで仕事ばかりでこんな素敵な建物を観る余裕
のなかった自分が悔やまれます。

P1010544_20100905103305.jpg

北浜、旧三越跡地に建った巨大タワーマンション
等、市街地にはマンション、オフイスビル等超高層の
建築物が続々と建築されて驚きました。

現在梅田の北ヤードも開発中で明らかに供給過剰なようです。



P1010578.jpg



陽もすっかり暮れて、歩き疲れた身体を潤す、ビール補給ポイント
を求めて「天神橋大商店街」を歩いていきます。




P1010591.jpg

天満橋5丁目 「大阪餃子1位(私が8年前見つけた時は2位だったような記憶がありますが)」の
幟旗を掲げる「三風」さんです。



P1010584.jpg


懐かしいマスターの造る絶品料理をアテにプレミアムモルツ×3本
もちろん餃子も。

久しぶりのマスターの毒舌話(ごめんなさい)を聞きながら
身体が酔いでふやけていきました。




P1010588.jpg


シメはアルデンテやきそば(目玉焼きのせ)こんなお店が恐るべし食道楽の街
「大阪」を象徴していると思います。ちと大袈裟か)

たくさんよく歩いた一日でした。
























































  1. 2010/08/25(水) 12:06:49|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■関西近代建築散策記(神戸旧居留地編)

8月の終わり、家族旅行で関西に行ってまいりました。
この酷暑の中、なぜにわざわざ好き好んで関西ヘ?
ですが、家内も子供も大阪在住の時の旧友に久しぶり
に再会できるとあって楽しそうです。

私は日頃の好き勝手放題の罪滅ぼしにとポーター(荷物持ち)
の任命を拝受して同行いたしました。
本当はFoldingのダホン号をもって行きたかったのですが・・・


P1010234.jpg

新大阪から御堂筋線で千里中央に至り、一旦任務開放。
待望の単独自由行動となります。

久しぶりに色々なところの懐かしい風景も見たく、箕面までバス
で向い、マルーンカラーの阪急電車で池田・宝塚を経由します。

阪急電鉄100周年の看板


P1010246.jpg

宝塚付近、武庫川を渡ります。子供が小さい頃数回行った「宝塚遊園地」も閉園
となり、立派なタワーマンションが建築されていました。


P1010250.jpg


仁川付近から望む「甲山」私の好きな阪神間の風景です。車内から。

西宮北口も大型の商業施設ができて活気づいていました。
私が大阪に赴任した平成10年当時はまだ震災の爪痕
が残っていましたが大きく復興したようです。

P1010271_20100904094316.jpg


三宮到着、駅前のステーキ屋にてランチし、目的地の海岸部へ
歩いて向かいます。神戸も暑い。。


P1010295.jpg

さて古い建物好きな私は今回、あらためてじっくりと関西の近代建築を
見学してみようをテーマに街歩きをしてみます。

持参した参考書は「MeetsRegional2004年4月号」

P1200041.jpg

いいガイドブックでした。

トップバッターは「新港貿易会館」三連窓や玄関周りのアールデコ様式
が重厚(以下建物のコメント皆教本のパクリです)


P1010290.jpg

P1010301.jpg

●昭和9年築(1934)


P1010299.jpg

続いては
神戸港湾部のランドマーク
[神戸税関]昭和2年築(1927)
震災、経年を経て圧倒的な存在感です。

P1010304.jpg

基壇部に石、上部にタイル素晴らしいファサード
大震災の時もこの建物は無傷だったそうです。



P1010311.jpg


と、汗だくになってカメラをぶら下げて見学していますと
入り口にいた警備員のおじさんが「中にはいれるで」とおっしゃり
手招きされるので内部へ
入館章を首からぶら下げ「ほんまはあまり写真撮ったらアカンのやけど
まあ人が観ていなかったらかまへんからこっそりな。」とご親切??な
ご案内のもと重厚な造りの建物内を拝見させていただきます。


P1010331.jpg

P1010337.jpg

ドーム上の天井部、圧巻です。

P1010313.jpg
P1010326.jpg

見ごたえ充分でした。


内部の資料室では密輸の手口等も展示されており面白かったです。
(野球のバットの中に麻薬とか、笑えます)


P1010345.jpg

続いて旧居留地へ向かいます。

P1010355.jpg

海岸通から神戸大丸あたりまでが見所ですが
ずっと外にいるのはしんどく。館内に入って涼みながら
歩いていきます。


P1010358.jpg


こんな暑い午後、人通りもほとんどありません。


P1010364.jpg

こんな自転車があれば散歩も尚、いいのですが。
これはLLBeanさんの商品でした。


P1010370.jpg
現存する唯一の居留地時代の建物(復元)

P1010374.jpg

1970年代ころまではこの旧居留地あたりは単なる古いビルが立ち並ぶエリアと
いう観られ方をされていたようですが、80年代あたりから街並み復興機運が高まり
更に震災で歴史的建築物の保存維持意識が神戸市民の間で高まり今のような
景観になっていったようです。


P1010380.jpg

内部は通常のオフイスビルとして使用されています。

P1010381.jpg
P1010383.jpg

商船三井ビルディング 大正11年(1922)
ルネサンスをベースにしながらシカゴ派の影響を感じさせる
アメリアンタイプのオフィスビル
今、内部にはインテリアショップが


P1010389.jpg

玄関部



P1010386.jpg

海岸ビル


P1010395.jpg

旧三井物産神戸支店(1918)竹中工務店施工
海岸通の近代事務所としては最初の建築。
明治・大正の著名な建築家・河合浩蔵の代表作

P1010401.jpg
P1010404.jpg



内部も開放的な吹き抜けで明るい雰囲気。

P1010414.jpg


[銀泉神戸ビル]昭和9年(1934)(旧神戸住友ビル)清水組施工

3つの半円アーチというのは当時の住友銀行関係の建物
共通のデザインだそうです。
クラシック。



P1010418.jpg

旧居留地38番館(現大丸神戸店)旧ナショナル・シティ・バンク・オブ・ニューヨーク神戸支店)

昭和4年築(1929)

ヴォリーズ作品竹中工務店施工

4本のギリシア風円柱が古典的

P1010421.jpg


経年した壁の石の色の味わいがなんともいえません


P1010423.jpg


P1010426.jpg

この界隈の中心に位置する「大丸百貨店神戸」です。

本館もさることながらこの旧居留地界隈の古い建物に
ショップを配置しこの一体をDAIMARUゾーンに
している素晴らしい店舗展開です。

一時期三宮の一番店は「そごう」だったそうですが
この大丸のエリア開発が功を奏し、神戸一番店の座を
奪取したそうです。

私も百貨店NO1だと思います。

P1010435.jpg

P1010438.jpg


震災という辛い時期もあったからでしょうが、神戸の人々が街並みの景観を
大切にしているのがわかります。

大丸の入り口で涼んでいると粋な佇まいの中年紳士が
デパートの受付嬢に「来年も阪神は真弓監督が続投か?」
というような話をしていたのをしばらく見ておりました。

そのベッピンな受付嬢さんは「真弓監督はどうでもええけど
金本さんが打ってくれればそれでワタシはええです」
鋭く(?)その紳士に切り返しておりました。
久しぶりに関西人の面白いやりとを楽しませてもらいました。

P1010410.jpg


P1010453.jpg

この大きなアーケードも好きな神戸の街の風景です。

喫茶店で一服します。



P1010463.jpg

しめは「モトコー」と呼ばれる元町のガード下商店街です。

同じガード下ですが上野アメ横よりは洗練されていて
若者向けの靴屋・洋服や等がならんでいます。
ここも懐かしく歩きました。


三時間程度でしたが久しぶりの神戸の街、堪能しました。
相変わらず街を歩く人々はフアッショナブルです。

次は是非自転車で北の異人館方面をポタりたいです。





























































  1. 2010/08/24(火) 09:53:35|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■柴又 夏の夕暮れ

ひさしぶりにのんびりとした週末を過ごしました。


暑さがいくぶん和らいだ夕方、柴又までポタります。


P1010033.jpg

「寅さんまつり」開催中でした。

 柴又帝釈天は露店も出ていて賑わっています。


P1010044.jpg


冷たいカキ氷をいただきました。



P1010052.jpg

夕方の散歩を楽しむには柴又はいいところです。


P1010065.jpg

夏のツーリングでバーテープが取れてしまいましたので
前々から狙っていた白いバーテープに交換しました。

見よう見まねでやってみましたが・・・あ~。「ど下手」。

肝心の「撒き始め」と「撒き終わり」の部分がいけてません。

次回腕が向上することを目指してとりあえずしばらくこれで

走ってみます。








  1. 2010/08/22(日) 13:44:22|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■夕餉の買い物

連日の猛暑。

おかげさまで胃腸が丈夫なので
夏バテはなくむしろ2kgくらい太りました。

二週間で400km以上自転車をこぎましたが
それ以上にカロリー摂取しているということです。
我ながら恐ろしやです。



P1000449.jpg

夕方近所のスーパーに買い物に出かけますが
サンダルに短パン&Tシャツといういでたちでも
OKなのがクロモリロードのいいところです。

長旅で汚れたロードを洗車してそのまま出かける
ことに

枝豆・冷奴のゴールデンコンビがあれば今夜も
ビールが美味しくいただけます。

買い物袋をドロップハンドルにぶら下げてよたよた八幡さまの
中を走ってきました。

まだセミが鳴いています。





  1. 2010/08/21(土) 17:59:12|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■LUMIX  LX3

自転車道楽三昧のこの夏ですが

物欲指数がカメラにまで及び、前から欲しかった
パナソニックの[LUMIX LX3]が新機種へのモデルチェンジ
→値下げ大放出となってまして手に入れてしまいました。


P1190896.jpg

ライカのF2.0の明るいレンズ。暗い室内でもとてもよく写ります。
さすがです。重さも250gでポタのお共に許容できるサイズです。

ずっとパナのデジカメを使っていますので操作性はすぐ慣れそうです。

露出とか絞りとか基本の撮影術をあらためて勉強してみようと
思います。

デジカメはいくらでも惜しみなくシャッターを押せるのが何よりです。






  1. 2010/08/20(金) 14:21:18|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■奥久慈の旅[二日目]

P1190328_20100828072435.jpg

十時間近く爆睡し、靄に霞む那珂川の風景を観ながら
朝風呂に浸かってゴキゲンな朝です。


P1190333.jpg


昨晩からの雨が残っているようですが、そのおかげで涼しい朝を迎えます。

今日は那珂川周辺を南下するルートだそうです。
(全ておまかせ。私は真岡鉄道と関東鉄道で
輪行しながらのんびりかえりましょうよモード
でしたが・・・)


P1190340.jpg


国道293号線をひたすら登っていきます。

ここは車が多くてやや神経を使います。


P1190358.jpg

でも峠の付近では雄大な風景も楽しめました。


P1190390.jpg


この国道から右折して県道274号線は細いカントリーロードでしたが
味わい深い山村の風景でいいツーリング気分に浸れます。

国道はできるだけ避けてこうした県道を選択するのがポイントです。
思いがけず「いい風景」に出会えるはすです。

P1190392.jpg

細かで粋なルートプラン。
感謝です。

P1190402.jpg

やがてワインディングルートは茂木町にはいります。

P1190444.jpg


那珂川を渡ります。

ここにも鮎つりに釣り人が


国道123号線を通過して茂木町市街に入ります。

このあたりでランチスポットを探しますが
街中を避ける形で最近バイパスができた影響でしょうか
町全体がひっそりしていてこれといったお店が見つからず

バイパスに戻って「道の駅もてぎ」へ
ここは入出場車の渋滞&人手で大混雑。にぎわっています。

「街中栄えず・・・道の駅のみ大繁盛」考えさせられる光景でした。

結局飲食店はどこも数十分待ちの行列で我々は断念し、
更に空腹の中少し走った割烹料理屋でカツ丼をいただきました。

このあたりゴルフ場が多いのでこうした料理屋はあたりが多いと
思います。



P1190454.jpg



友部あたりで旅を終わりにする計画でしたがまだ午後のはやい
時間帯だったので岩瀬経由で「つくばリンリンロード」を経由して
南下することに


P1190466.jpg

茂木からの県道286号線(飯茂木線)は車も少なくオススメなコースです。

P1190478.jpg

峠を越えて桜川市へ ここ深沢から門毛までの下りは急ですごかったです。

逆でしたら引きつっていました。

P1190480.jpg


つくばを目指すことにしましたがこのへんのマップを二人とも持っていなかった
のと私の適当なコースチョイスが災いし県道133号線の谷田部方面に行ってしまい

結局「TX学園研究都市」に着いたのは午後6時。115Kmと去年の3割り増しくらい
走ったツーリングでした。


P1190485.jpg


P1190530.jpg


駅前のホテルの1階のビアガーデンにて祝杯。


P1190537.jpg

TXにて15分ほどで柏へ

■今日の距離115km

二日で200km越えとまあよく走りました。

Image0013.jpg

宿題中の子供のペンを借りて下手Mapを作ってみました。

次回は紅葉のシーズンに奥久慈方面を走りたいものです。








  1. 2010/08/14(土) 07:21:03|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■奥久慈の旅

■奥久慈ツーリング2010

昨年の8月と全く同じ行動パターンです。
東北ツーリングの翌週、今年も義兄と奥久慈方面にツーリングに
一泊で行ってきました。

中年親爺夏の二人旅です。お互い家族もほったらかしで
(いや我々がほっとかれているのが真実でしょうが)
二日間、夏の道楽に楽しく勤しみます。

P1190104.jpg

乗車列車も昨年と同じ柏駅7:50発の「フレッシュひたち」
終点の「高萩」駅にて下車しロードバイクを組み立てます。


P1190107.jpg


ローディになった私へのお祝い(?)に今年はより激しい(!)奥久慈山間部
横断コースを作っていただきました。


P1190117.jpg


いきなり登りが続きます。

県道22号線、「大北渓谷」沿いを進みます。

十和田湖奥入瀬渓谷を想いださせる素晴らしい渓谷です。

川のさわやかなせせらぎを聞きながらでも呼吸はゼイゼイしながら
登ってまいります。

P1190130.jpg

ヤマメでしょうが渓流つりをしている釣り人が数組いらしてました。


P1190124.jpg


小山ダム:広大な風景

P1190141.jpg
P1190145.jpg



更に緑深い山間部を走ります。



P1190178.jpg


自動販売機もそうありません。ボトルの水はどんどん減っていきますが。




P1190201.jpg

P1190222.jpg

また渓谷沿いを登ります。


P1190229.jpg

木陰が気持ちよい路


P1190244.jpg

ダウンヒルのあと・・国道388号線を少し北上してまた「広域農道」
に入ります。ここもアップダウンルート。

昼タイムまで2時間くらいと勝手に想像していましたが
もはや2時、60km近く走ってようやく久慈川にご対面。
「道の駅:奥久慈」着です。



P1190249.jpg

この辺は奥久慈しゃも・うどん・蕎麦・ウナギ等おいしそうな名産品つくし
天ぷらしゃもうどんをいただきます!
◎です。

P1190260.jpg


昼食を終えるともう3時なのでリョウスケさんにやや短縮ルートに
変更してもらいます。

県道205号線をゆったりのどかな田園風景をながめながら(でもずっと登り)
を進んでいきます。 のどかないいルートでした。

峠の頂上部で重い雲から雨が落ちてきました。
ずっと蒸し暑かったのでこの雨は気持ちよかったです。

更にいくつか山を越えて「馬頭温泉」到着します。


P1190302.jpg
P1190305.jpg


昨年と同じ宿「いさみ館」です。

ビールが旨い。鮎ずくし。美味しい料理を堪能します。


P1190293.jpg

酔っ払って中年二人は九時には眠っておりました。


久慈川・那珂川の周辺を東から西へ横断しました。最大標高は700mくらいでしたが

私にとっては昨年より結構タフなコースでした。

■90Km


  1. 2010/08/13(金) 06:32:40|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■みちのくツーリング2010夏(三日目)

昨晩は輪行袋のまま宿に到着という珍しい夜だったので
早めに外に出てゆっくりセットアップします。

出発準備完了。

P1180749.jpg

今朝も快晴。まあ毎日ありがたいことです・・・。

いきなりの関山峠(511m)越え。 仙台側は作並街道といいます
朝一番の登りは応えます。


P1180766.jpg


私は登りは苦手なのでこの朝、エンジンのかからない、なまった身体状態で
ヒルクライムスタートはほんとにしんどいです。



P1180781.jpg


やがてプロトン(?)から離されて

昨日のウップンを晴らすように華麗なフォームの
タカハシ君を含んだ先頭集団はあっという間に
姿が見えなくなります。


P1180802.jpg

二人でゼーゼー言いながら、(R48)を励ましあって登ります。



P1180815.jpg




やっとこさ峠頂上に到着するとトンネル脇に清流が
ボトルで水浴び気持ち良いです。

ここから山形県です。



P1180827.jpg




更に豪快にダウンヒル!

途中の大滝ドライブイン



P1180829.jpg

めいめい美味しいものを食べて

ヤマメ。

ここでも「ずんだ餅」をいただきますが
私は「ずんだ」というのは=枝豆をすりつぶしたもの
というのを恥ずかしながらはじめて知りました。

昨日から「ずんだシェーク」「ずんだソフトクリーム」等
堪能しまくりですが。



P1180857.jpg
P1180910.jpg


下の滝壺にて遊泳

マイナスイオンが身体に染みます



P1180951.jpg


更に下って山形盆地へ。
いやいや盆地気候で更に暑さが応えます。

そんな我々を救ってくれたのが「果物の特売所」です。
看板等にも大きくうたわれておりますが山形は
本当にフルーツパラダイスです。

P1180954.jpg
P1180976.jpg


スイカ・メロン・桃、ぶどう、皆甘く熟していて最高です。

我々一行は2軒ハシゴいたしました。


P1180990.jpg


今日のハイライトは「山寺」です。

ゆっくりと登っていきます。




P1180992.jpg

下の休憩所にて旨い「山形蕎麦」をいただき境内の中に入ります。


P1190004.jpg

P1190007.jpg
P1190010.jpg


ここは圧巻でした。

800段の階段を登っていくと煩悩が抜けていくそうです・・・。


P1190023.jpg

この暑い夏ですが結構な人出です。



P1190028.jpg



下のJR山寺駅が小さく見えます。



P1190043.jpg

!達成感十分。



P1190045.jpg


見ごたえたっぷり。堪能いたしました。





山すその県道を進み、山形市内にはいります。



P1190067.jpg



続いては山形名物「冷やしラーメン」
これも名メニューです。お店繁盛しておりました。

あっさりした中にコクのあるスープ。


食べてばかりのこのツアー。



P1190077.jpg


本日の終点は「赤湯温泉」
私とユージさんはここで旅の終了となります。

一行はここからすぐの宿にて泊

駅にて別れをセレモニー。
今後まだまだ走る彼らの無事を祈念します。


P1190085.jpg

二人旅の余韻を味わいながら自転車を組み立てて
ひとまず駅の待合室に置いてタクシーにて
街中の渋い銭湯(なんと百円!)にて汗を流しました。



すぐ近くの「焼肉屋」にてビールで乾杯!
旅の終わりの祝杯をあげました。


P1190094.jpg


20時発の山形新幹線「つばさ号」にて帰路につきました。
車中でも呑んでへべれけに・・・




■本日の走行距離87Km

天気にも恵まれて充実した東北の旅でした。


同行の皆さんおつかれさま&ありがとうございました。































  1. 2010/08/08(日) 09:30:44|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■みちのくツーリング2010夏(二日目)

2010/8/5 二日目

今日も夏空広がる快晴です。

朝風呂にもゆったりつかり美味しい朝食を
たらふく頂き、幸せな朝です。

P1180411.jpg


良い宿でございました。松島「新冨亭」


P1180416.jpg

宿を出てすぐの松島を観光。

はじめて来ましたが穏やかな海に美しい島々が点在するさすが「日本三景」

秋や冬も再訪したいと思いました。

P1180475.jpg


●海産物センターに我々が群がったのは言うまでもありません。
牡蠣・まぐろ尽くし寿司等旨いものオンパレード。


P1180511.jpg

絶品の牡蠣でした。

P1180517.jpg


灼熱の炎天下の元、一路国道45号線を仙台に急ぎます。

市街地に入り交通量も多くなり神経を使うところですが
(パンク首位打者の)タケチャンのコルナゴ号がリム打パンクです。


P1180526.jpg


一回修理したものの数分後にも二回目発生!アオキさんのアドバイスで
リムテープをホイールから少しずらしてチューブを再度はめ込みます。


P1180534.jpg


杜の都、仙台は七夕祭りの真っ盛り、すごい人出です。

P1180551.jpg


ここで今回初参加のタカハシ君と合流です。


P1180559.jpg


P1180564.jpg


仙台の中心部にあるサイクルショップにて再度TREK号を調整
していただきますがやはりパーツ交換しないと修理不能とのことでした。



仙台といえば「牛タン」です。

『極上牛タン定食』柔らかく厚みのある牛タン、美味しさのあまり頬が落ちます。


P1180585.jpg


広瀬川を越えて渋滞する車の脇をすり抜けながら急坂を登っていくと
青葉城(城址跡公園です)

仙台の街が一望。ご立派な伊達政宗の銅像もございます。


P1180638.jpg


この中にある青葉城資料展示館にてCGによる青葉城
ガイダンスを堪能しました。
(絶好の昼寝タイムだった方もいたようですが)

これを見た私は伊達政宗に非常に興味を持ちました。
この秋、探求してみます。


夕刻時になりましたので今晩の宿作並温泉を目指して
一行出発しましたが・・・・


P1180641.jpg


青葉城スタート10秒後にアクシデント発生

ナント高級車[KUATA号]のカンパコーラス11S
リアディレーラー脱落です。

数々の名トラブルが発生する「夏チャリツーリング」
ですがこれも伝説(&珍)トラブルとなるでしょう。

こんなに簡単にパーツって破損してしまうものか?
私も見ていてたまげました。

天下のカンパでっせ!

P1180663.jpg


観光バスから降りる大勢の人々の中、皆携帯で
仙台市内でカンパのパーツを扱っている
サイクルショップを探します。

Web検索も容易にできる携帯電話、便利な道具です.

ありました!お店

全然走っていない[KUATA号]はひっそりと静かに(笑)輪行袋に
格納されてタクシーにて運搬されます。
我々は自走してそのサイクルショップへ


P1180675.jpg

仙台中心から東に少し行ったところにある
この『土田レーシングサイクル』はやはりすごい名店でした。

いい味を醸し出している御主人ですが
かの有名な「大阪のシルベストサイクルの山崎店長は
俺の選手時代の後輩だよ!」とか平然とおっしゃり只者
ではない方と・・・。

元競輪の選手だったので「レーシング」という店名なのですね。

渋いロードバイクの名車が展示されている店内の雰囲気に
相まって私は圧倒されてしまいました。


P1180684.jpg


ガサゴソと店の奥にあるパーツの倉庫を明後日いただくと
同じ11速のアテナのリアディレーラーが魔法のように出て
まいりました。

これぞ本当のプロ職人という技で組まれていました。

プロフエッショナルな手さばきに皆さんうっとり見いっておりました。



P1180692.jpg

●私はしばしこのお店の常連さんと雑談。

 綺麗なライトブルーのスポルティフの乗られる方です。
 写真を撮らせていただきました。北海道に走りに行かれていた
 そうです。
 「ここの主人はホントすごいヨ!」とこの方も絶賛されておりました。


P1180669.jpg

独り黙々とリムテープ交換に奮闘するタケチャン

無事に修理完了です。まずは走れることになってよかったです。

まさかのトラブルですがこんな場面をみてますとやっぱホビーローディは
「105」クラスで十分だな!(まあたいていの地方のショップでも在庫が
あるでしょうに)と思いました。



私はこのお店への到着時に早々と「もう今日は輪行宣言!」
を高らかにしておりましたが

日も暮れて6時過ぎとなり、さすがにここから50Km自走は無理じゃろ
と皆も納得し取り急ぎ仙台駅まで走ることにしました


P1180710.jpg

皆慣れた手つきで輪行パックにし、6:47仙台発の仙山線に乗り込みます。
私は東北随一の大都会仙台から始点となる「仙山線」は
多くの列車が走っているものと思い込んでおりましたが
実はダイヤを見てみると一時間に一本!

車偏重、鉄道衰退の地方都市の一面を見せ付けられました。

「作並」駅に到着しますと予定時間をとうに過ぎた我々を宿の
ご主人が車で迎えに来ていただいておりました。

これはとてもありがたかったです。



P1180712.jpg


車に乗って判ったのですが、駅から宿までは3km程
でも街灯もなく真っ暗の作並街道の登板路です。

感謝感謝。。

宿にて全員集合後の宴。
「色々なことがあった熱い仙台の一日でした」

P1180718.jpg




■本日の走行距離46km









テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/08/07(土) 07:25:30|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■みちのくツーリング 2010夏

今年も夏の恒例ツーリング「夏チャリツアー」が
開催されました。

昨年同様みちのくの旅 8/3~8/8の8日間
岩手の花巻を基点に遠野・釜石・陸中海岸を経由して
平泉・中尊寺。
更には一関から石巻・松島・仙台を抜けて山形・米沢・喜多方から
会津若松を経由して郡山まで東北4県(岩手・宮城・山形・福島)、
総走行距離約650Km(予定)を激走する企画です。

これぞアラフォー中年男達の夏の道楽!!


毎度、走行ルート・宿の手配、旨い「食い物処」等を
散りばめた 観光スポット等のチョイス!

幹事さんには頭が下がる想いで一杯です。

P1190627.jpg


今年の【豪華パンフレット】総ページ数40ページ
(ホントはフルカラーです)

私は今年も8/6~8/8の部分参加で三日間、ご一緒いたしました




P1180205.jpg



P1180234.jpg

東北新幹線「くりこま高原」に着いて外に出ると関東と変わらぬ酷暑。

何もない駅前。毎度地方の新幹線の駅で感じるのですがこんなところに
駅を作っても地元の利権誘導になっているのでしょうか?
巨大なイオンのSCがあるだけです。人の気配薄い 静かな駅前

自転車を組み立ていざ出発。

本当に暑い。

早くも重い足取りでスタート。



P1180237.jpg

アスファルトからの照り返し、熱風で頭がクラクラしてきます。

無事にスタートの旨、チームのヨシオカさんに電話連絡しますが
一行もこの暑さでスローペースとのこと。お互いのんびりと昼の合流地点を
目指そうということにしました。

ラムサール条約にて有名な「伊豆沼」にて ・・・沼は手賀沼や印旛沼と変わらぬ風景


P1180240.jpg

スタート30分ほどですが「サンクチアリセンター」の中に冷房の冷気を求めて逃げ込みます




P1180242.jpg


P1180247.jpg

ハスが満開で遊覧船もトコトコと走っています。


P1180251.jpg


米登町は「有名米」コシヒカリ・ひとめぼれ
等高級米で有名。東北有数の米どころだそうです。

ひたすら田園地帯の中を走る県道を進みます。

P1180259.jpg

雄大な北上川に対面!

P1180263.jpg

米登町は雄大な北上川沿いにある小さな風情がある町、しばし散策。

武家屋敷の中に洋風の建物も点在し、見応えがございます。
和洋共存の街並み。



P1180270.jpg
P1180271.jpg

合流地点の「鰻や」【東海亭】にて皆と無事合流、昼食とします。

鰻重の三重盛り(すごいボリューム)&ご飯大盛。
(果敢に挑んで軽く平らげたユージさん)
私は並を注文。

お米も美味しく満喫いたしました。
この「東海亭」も老舗のようで店内に栄えていた時代の登米町の
写真集がございました。


P1180283.jpg


P1180296.jpg
P1180298.jpg

さて我々一行は北上川沿いの雄大な風景を見ながら南下していきます。

P1180308.jpg



P1180324.jpg
P1180331.jpg

昨年まではMR4で常に置いてけぼりの私でしたが今年はロードバイクで
なんとか皆に着いてゆけそう。



P1180334.jpg

山を背にすれば木陰になって涼しいルートに。

こうしたマイナールートもヨシオカさんのサイクルNAVIにてチョイスできます。

Oh Good ロード!


P1180346.jpg




P1180351.jpg

ここでトラブル(1)
  ユウジさんのTREK マドン 、デュラエースのシフトレバー(リア側)不調に
  なりフロント2枚×リア1枚の三段(のみ)ギアに。


 「”三段”鰻重」食った祟りや!

  と冗談も出ますがこれでは登りがしんどくなり、大変です。
  
   まずはサイクルショップを目指して石巻へ一路ひたすら。。

 どうやらワイヤーを引き上げるカムの部分がやられてしまった様子です。




P1180358.jpg

とりあえず暑い向かい風の中、街のバイクショップを目指します!

石巻の街は通り過ぎただけでしたが古い歴史を感じる建物がちらほらありました。


P1180362.jpg


石巻の「中村サイクルショップ」にて、ご主人に色々手を尽くしていただきましたがお手上げ。

シマノはシフトレバーの内部構造は企業秘密で
 
 カムの部分が稼動不調のようですがシフトレバー全体
 毎交換しないといかんそうです。

P1180370.jpg


本日の宿「松島」を目指して国道45号線を夕陽を浴びながら走ります。
 国道は夕方の渋滞で走りづらかったですが、ここの夕陽を浴びて走る区間は最高でした。

この区間を抜けるといきなり松島のドラマティックな風景に遭遇します。

私はこのシーンにゾクとしました。

P1180376.jpg


予定より遅れて無事に松島の宿に到着。北京からの出張帰りのタケちゃんも既に宿に到着しておりました。


  昨年のメンバー6名になります。いざ宴へ!!

 私は疲れと酔いで即、爆睡。いびき対決ごで皆様に迷惑をおかけいたしました。

■本日の走行距離 92km


P1180386.jpg





テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/08/06(金) 21:44:42|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■旅支度

なんだかんだ思案している内に今週末には夏チャリチームとの東北ツーリングです。

昨日もセオサイクルのららぽーと店で散財。
工具、ライト、パンク修理キット、予備チューブ、ポーチ等
セオサイクルのららぽーと店は週末は自転車物欲に取り付かれた
皆さん(私も)ですごい人出。

ビックリ。商売繁盛なによりです。

サマーセールスも開催中。



朝から自宅マンションの外廊下でセットアップ。
ご近所の皆様うるさくてスイマセン。




P1180089.jpg

[いじった箇所]
・ステム:60mmに交換、上向きにしてアップライト(弱気な)ポジジョンに。
  やっぱりバックパックを背負うことにしました
・リアテールライト(リクセンのバックに装着)よくできてますな!
・フロントライト(まあ夜は走らないでしょうが最終日は都内から自走か?に備え)
・TOPIKの空気入れをトップチューブへ装着

こてこてと色々装着してみると「旅バイク」っぽくなってきました。
毎夏はMR4でツーリングしてましたが今年はいよいよドロップハンドルの
ロードバイクです。
30年前の高2の夏の信州ランドナーツーリングの記憶が呼び起こされます。





P1180100.jpg


トップチューブバックを付けてみました。
・小物やデジカメなど入りそう。よく考えられてます。

携帯物は今年もアオキさんが送ってくれた「旅の持参品リスト」を参考に
これから荷造りに入ります。

予定では今週末、来週末と二週続けて泊まりツーリングですので
しばらくblog更新は中断いたします。

皆様よい夏休みをお過ごしください。


P1180144.jpg

夕方行った水元公園の森の中はひんやり涼しかったです。
少し昼寝もしました。








  1. 2010/08/01(日) 22:30:38|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0