【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

■ミニ工具

P1180069.jpg

ずっとMR4についていたジャイアントのミニハンディ工具を使っていましたが
TOPIKの工具を買いました。

工具としての精度もさることながらデザインも秀逸ですね。

使い勝手等取り扱い説明書を見てナルホドな~と感心しました。

まあ走っているときはメカトラブルは御免こうむりたいですが・・


スポンサーサイト
  1. 2010/07/31(土) 22:13:50|
  2. 自転車道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■New Cycling ニューサイクリング

[自転車が好きな人のサイクルマガジン]

New Cycling ニューサイクリング

裏を見ると通巻五四八号(漢数字表記です)ひょいと買ってみます。

Image0007_20100801192327.jpg

雑誌は当然ながら広告収入があって発刊が成り立っているわけですが
後ろのページに掲載されている広告掲載自転車店は見事な老舗ばかり。

千葉ではSwacchiさんも協賛されてます。

内容は味のあるサイクリングエッセイを巻頭に

峠紀行記等、私なんぞが読んでも渋すぎコンコンテンツ。

ランドナー派の方向けの長寿雑誌。

今後も頑張ってください。




  1. 2010/07/27(火) 19:18:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

■夏のロングツーリングには

夏真っ盛りになってきました。

夏の恒例のロングツーリングの時期が間近になってきます。
(・・・といっても宿に泊まる。。というだけなのですが)


毎年、回数を重ねると共に旅の知恵も付けていかなければいけません。

装備をどうパッキングしてゆくか?がひとまず課題です。


41QtxIVHeuL._AA300_[1]

毎年、バックパックを背負ってますがやはり夏は背中に荷物を背負って走るのはやはり中年には応えます。
私のは軽登山用に8年前神戸芦屋の山屋で買ったバックパック。(でもあとで気づくとBike用でした(笑))


deuterとか本当に優れものでいい製品が出ていますね。
背中がムレにくい構造とか。


rxk-0974bz853-1[1]

ラクそうなのはこうしたリアキャリア取り付けのバック


思案中です。

いずれも聖徳太子一枚+アルファの出費要。



deuterもRIXEN KAULもドイツの製品なんですね。

機能美、デザインの秀逸なところ。店頭で実際の製品を手にとっても
その素晴らしさはよくわかります。

よく考えられている。&よく出来ています。













  1. 2010/07/25(日) 21:31:43|
  2. 自転車道具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■夏祭り

南八幡の夏祭りです。


P1170698_20100731191523.jpg

駅南側のロータリーが「盆踊り」会場。
6年前、大阪から八幡に引越して来た時はこの光景にはたまげましたが
いまやすっかり地元民になり、いい夏の風物詩に。

露店の生Beerがキンキンに冷えていて美味しくついつい2杯も。

踊り上手な地元のご婦人会の皆さん気合がはいっておりました。



  1. 2010/07/24(土) 19:13:54|
  2. 市川・八幡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■酷暑、都内へ超スローで

いやいや厳しい酷暑ですね。

朝9時には気温30度を越しておりますこんな日ですが


ラレーに乗って銀座「東洋輪業物産」さんへバイク調整をしてもらいに

出かけます。

P1170640_20100731185547.jpg


京葉道路 小岩~小松川と住宅地の合間をゆっくり走ります。
アスファルトからの照り返しと熱風で頭がクラクラしてきます。

親水公園の木陰で休憩。ずっとこんな路が続いていればよいのですが・・



P1170646.jpg

東陽町小名木川付近。子供も遊んでおりません。

P1170649_20100731185956.jpg

永代橋からリバーシティを望む。空気が熱さで揺れています。

ようやく「東洋輪業物産」さんへピットイン。
ご主人に各所調整いただき、私は涼ませていただきます。

主目的は以前ちぎれたアルテグラのチェーン交換でしたが
シマノさんに確認したところ無償交換していただけました。
ありがたく頂戴します。

リアホイールの振れも直していただきました。
ラレーCRRは人気車種となったようで今期の生産分は全て完売だそうです。



P1170661.jpg

日本橋高島屋でも冷房で涼み。
地下で「天丼」を頂きます。


P1170672_20100731190634.jpg

秋葉原~上野とふらふらし、押上へ

P1170676.jpg

下もすごい見物客ですが見上げているとギラギラとした太陽とお見合い状態となって
立ちくらみがしてきます(情けない・・)


P1170678.jpg

押上周辺も再開発大進行中ですがこの寺田商会はどうなってしまうのでしょうか?


両側の建物は既に取り壊されておりますが・・今日も二代のご主人は
輝き眩しいモールトンの新車の納車ご説明をされておりました。


帰りもコンビニでガリガリ君を食べながらロードでトロトロ走っていきました。

こんな酷暑の真昼間、ちょっとバイクライドは無理は禁物ですね。


























  1. 2010/07/23(金) 18:51:56|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■八幡:京成百貨店

「京成八幡」駅の横にある京成百貨店も再開発工事でいよいよ取り壊しに


P1140932.jpg

この昭和の雰囲気充満している1,2階の京成スーパーも結構好きだったのに閉店してしまいました。



P1140939.jpg

京成線と国道14号線沿いの区域も一気に取り壊されたようです。風景一変です。

いい立ち呑み屋等混沌とした小さな路地の商店街でしたが新しい高層住宅と商業地域に

生まれかわります。




  1. 2010/07/20(火) 18:44:37|
  2. 市川・八幡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

■梅雨明け:Art鑑賞・海へ

いよいよ梅雨が明けましたね。

関東地方は結局は雨量は少なめだったのではないでしょうか。

朝からあまりのピーカン照りに出かけるのを逡巡しましたが

昼からミニ輪行Tripに行くことにしました。




P1170484.jpg


行き当たりばったりですが船橋で丁度来た快速が成田空港行きだったので
それに乗って「物井」で下車します。



P1170488.jpg

モダンな駅舎からは広大な田園風景が広がります。

先日走った「鹿島川」がすぐそこに

人気がないのをいいことに構内でロードを組み立てます。



P1170500.jpg


暑い!くらっと来ます。


まずは近くにある「川村記念美術館」を目指します。

Image0010.jpg

「川村記念美術館」は大日本印刷グループが収集した美術品を公開している
自然散策路も備えた見事なスポットでした。


いくつか個展用ギャラリーもあり、合田紀代さんという方の水彩画展を
やっておりました。

自転車で来ましたとお話するとご親切にポストカードを頂きました。


素敵な植物画です。

P1170509.jpg



園内のレストランにてランチ。周りは上品なご婦人のグループ、素敵なご夫婦ペア等

汗臭い格好の私は完全に場違いです。


このランチプレートも美味しいのですが少量でお腹の足しになりません・・・。
1200円也。



Image0008.jpg

美術的素養がない私ですがそんな私からみても美術館の中はお見事でした。


17世紀のレンブラントの肖像画(名前はしってました)
モネ・ルノワール・ピカソ・シャガール

更には日本の屏風画にアメリカの現代美術かなり幅広いジャンルです。

■この絵はレオナールフジタ氏の油絵(購入したポストカードより)

Image0009.jpg

すっかりArtな気分に浸りました。



P1170526.jpg

庭園も見事です。


せっかく涼しい館内で汗も少し引いたのですが

またギラギラした夏の日差しの下、谷津を見ながらアップダウンのある

カントリーロードを八街方面へ進みます。


P1170534.jpg

名物落花生。


P1170557.jpg

予定通り(?)すぐに腹が減ります。


P1170546.jpg

八街駅前にあるお団子や「平林」みたらし&あんこ各50円「美味です」


P1170564.jpg

総武本線沿いに走ります。


P1170576.jpg

成東から九十九里浜へ

片貝海岸。海の家もにぎやかにならんでします。


P1170580.jpg


夕暮れ時の海岸。メランコリックな雰囲気がいいです。

九十九里浜って素朴な感じがたまりません。

白里まで海岸線を走ります。ビーチライン沿いには

美味しそうな焼きハマグリはいわし料理の店が良い匂いをさせて
そそります。


P1170586.jpg


大網白里から快速電車で帰路に着きます。

海水浴帰りの行楽客で込んでいるかと思いきやガラスキでした。

いまやみなさんマイカーで海にいくのですね(あたりまえか)


先頭車両にいましたら途中の誉田駅から大柄な外人のロードバイカーが

3名乗ってきました。

乗車後いきなり缶ビールをプシュとあけて・・ワイルドです。

■72Km 北総台地から海へ のんびり走りました。




























  1. 2010/07/19(月) 08:33:12|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■ChainMaster

P1150585.jpg

こんなもの買いました。[ChainMaster]

輪行時にチェーンが遊ぶのを防ぐ部品です。
クロモリのバイクはリアステーにチェーンフックが
ついていることが多いのですが私のはついておらず。
こういったものが必要かと思案して・・
まあ、なきゃないでもいいような気もしますが・・また散財か!




P1150592.jpg

実際いじってみるとホイールのクイック・リリースをはずしてこちらに移設する
必要アリとのことで、やや取り扱いが面倒です。


長距離輪行時に持っておくか?という感じでしょうか。


  1. 2010/07/15(木) 09:17:31|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■[自転車人](再)

またまた、[自転車人]。

Image0005.jpg

この2009年夏号(No16)も私的永久保存版です。


「マイペースで走る真夏のロングライド」

表紙もいいですな。

SLOW CYCLING IN SUMMER なんて私のマインドにぴったり
はまります。

■自転車で走りたい全国名峠セレクション

昨夏あえぎながら走った岩手・秋田間の「見返峠」「発荷峠」も
出ています。

ウ~。。苦しさが蘇る・・・・。



Image0006.jpg

そして最新号を今日仕事帰り買って電車の中から熟読。。


「信州アルプスルート」特集。。

当然ながら夏前の号が編集にも力が入っているようです。

涼しい信州の路を走りたく只今計画中です。









  1. 2010/07/13(火) 18:52:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

■夏旅とロングライド[自転車人]

あまたある自転車雑誌の中で最も私の気に入っているのは
この「自転車人」です。


Image0004.jpg


発行元の「山と渓谷社」も一時期トレッキングに凝っていた
こともあり、(といっても関西周辺の低山ハイキングですが)
おなじみですが。

毎号表紙の写真がいいですね。

ロングライドに誘われるような記事満載です。

この号がはじめての「信州ツーリングガイド」特集ではないでしょうか?


またThe Long Riders' Equipments 長距離サイクリストの自転車と装備
ではブルベの第一人者 井出マヤさんのバイクも出ています。

ずっと書棚の愛蔵書です。







  1. 2010/07/12(月) 18:20:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

■真夏の北総 One Day Ride

朝から夏の強い日差し、梅雨の中日で快晴だそうです。

先日は半袖、短パンで走って日焼け負けしましたので
今日は長袖、長パンのアンダーウェアを着込みます。


P1170262_20100718071230.jpg


サドル・タイヤ等新調しましたが、ずっとロードで長めに走っていませんでした。

いよいよ夏ツーリング本格化に向けて久しぶりに長い距離を走ろうと
早朝江戸川CRを北上します。
週末の大雨で江戸川も増水しています。


P1170265.jpg


野田から利根運河経由で利根川CRへ布施、我孫子経由で北柏に戻って
手賀沼CRに入ります。

運河ルートはご覧のように散髪されてスッキリ。いつもと違う雰囲気に


P1170268_20100718071537.jpg

市立柏高校の吹奏楽部朝練習。青春だな~。。
このブラスバンド部全国的に超有名ですよね。
部員が200名くらいいるそうで私も以前
柏まつりでLIVEを拝見したことがあります。


P1170274.jpg

手賀沼にてシュワッチさんの全体朝練習。皆さん気持ち良さそうに快走。


P1170286.jpg


今日はダブルボトルで来ましたが早くも中の氷が解けてしまいました。


P1170290.jpg


その後もオッティモさんのクラブランやら、皆さん、颯爽と走っています。
楽しそうですね。

P1170308.jpg


更に東進するといきなり白鳥の親子が道中に、こんな真夏に日本で夏を越すので
しょうか?あまり人間を警戒もせず。落ち着いています。

P1170313.jpg


布佐、木下と通過し、いつもはR365を走りますが今日は利根川沿いのCRを
走ってみます。


P1170316.jpg


~Woo!雄大な風景が広がります。輪行袋を持っていればこのまま利根川沿いを
進んで佐原まで走って行けたのに。

いつも気まぐれ気ままに走っているのでやはり輪行袋は携帯したいものです。

再度内陸側に入り、安食の街に入ります。



P1170321.jpg
P1170327.jpg


(ここまで約80km)

昼休憩に入ろうとこのへんに来たらいつもの「金田屋」さんへ

冷房も効いていて火照った身体が休まります。

今日は「鰻重」を注文しました。海鮮シュウマイもついていて
満足です。

P1170333.jpg

長門橋まで戻ってお気に入りの県道12号線へこの道を
ロードで走るのは初めてです。

田園の風景の中、ワインディングしながら走るこのルート
私選「千葉のいい道Best10」に入ります。

P1170336.jpg

ここの鰻も美味しそうですね。次回に!

P1170340.jpg

印旛沼CRに入ろうとしましたが最近なにかのサイトで
「山田橋付近ががけ崩れのため通行禁止中」と見たのを
思い出し 吉高の山の方へ迂回します。

いよいよお天道様が高くなり気温も上がり
ばててきましたスローペースになってきます。


P1170343.jpg


佐倉公園(観覧車)で氷水補給
たくさんのサイクリストが休んでおります。

しばし地元の自転車乗りの方と雑談。
秘境ルート(?)を色々教えていただきます。

この印旛沼周辺はアップダウンが多く「一日中自転車こいで遊べまっせ!」とのことです。


P1170344.jpg

新川CRは途中少しあるこの木陰区間が夏は嬉しいです。
ちょっとだけ暑さをしのげます。


P1170350.jpg


更に道の駅「やちよ」でモチロン名物アイスクリーム補給。
休憩間隔も短く、かつ休憩時間も長くなります。

途中のベンチで昼寝しているローディも結構います。

新川CRで距離100Kmを越えましたがこのCRは路面状態
があまりよくない中、26Cのタイヤでの走行感抜群です。
やっぱり太目のタイヤのほうがクッションが効いて私に
向いているようです。

勝田台から新川CRをそれて花見川、天台と通過します。
このへんは子供の頃住んでいた街なので懐かしいです。
(私がカブトムシ等採っていた森はほとんどなくなり宅地化
されてしましましたが)

天台からは県道、通称「東金御成街道」です。


P1170372.jpg

[旧鴇田邸宅]  道に看板があったので立ち寄ってみましたが
 こりゃ見事な建築物でした。
 関東では珍しい岩手の南部様式の建築様式だそうですが
 軒の高さが10m以上もあって内部の空間の広がり感が素晴らしいです。
 建築物的には関東でも「古さ度」ベスト10に入るそうです。

P1170352.jpg

たしかに実籾あたりを通過しますと重厚な屋敷が目に入ります
(ただし、この道は道幅がせまく自転車はめちゃめちゃ走りにくい
ですが・・・)



「御成街道」は鷹狩が好きだった徳川家康のために佐倉藩主、土井利勝
の指揮の元、15日くらいの短期間で開通した道だそうです。

当時は日光街道と並んでその沿道の景勝は高く賞賛されていた
そうです。


帰宅後この「御成街道」について解説してある
「本保 弘文氏」の文献が大変勉強になりました。


さらに津田沼~船橋と車の往来が多い中ヨレヨレと走り帰宅しました。
こうした市街地走行もちょい太タイヤは安心感が増します。
ロールスのサドルも安定感が
ありこれもGoodマッチでした。
ツーリングにもOKだと思います。


■距離137Km Ave21.5Km



やはり夏場のロングは暑さがこたえますが
着る物、装備など夏旅Ride前のいいチエック日
になりました。
















テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/07/11(日) 07:09:32|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

■新松戸 「珈琲茶寮・珈楽庵」

一見、なんの建物だろうと思わずペダルを止めました。

たいそうな造りの喫茶店です。



P1160976_20100718064409.jpg


店内の椅子や調度品も素敵で落ち着ける雰囲気です。

アイスコーヒーを飲みながらスポーツ新聞や雑誌をめくって
すっかり長居してしましました。


P1160982_20100718064457.jpg


■帰宅後Webでみると「上島珈琲」が展開する新形態の店舗
だそうです。

スタバとかのCafeとはまた違う趣のわれら中年向けのお店ですな。


夏のポタ時にこうしたお店は嬉しいものです。

もっとも昔ながらの喫茶店が少なくなってしまったのは残念ですが


P1160988_20100718064827.jpg

ここのところ松戸あたりをふらふらしています。

P1160998.jpg

山側にかけては険しい小路やひっそりたたずむ神社等があって
新たな発見も。


P1160994_20100718065133.jpg


吉田松陰 脱藩の道とか・・・・


ほーっ。という感じです。



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/07/10(土) 06:42:26|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■鹿島川を下る

■[Discover Chiba]企画 鹿島川を下る。

5月の東葛ポタにて明光風靡な田園風景、谷津の中をのどかに走り
こういう風景のところを走るのは気持ちいい、と新コース開拓に
意欲を燃やしておりました。


先日、千葉市の東奥側(県道66号線)を走ったときにいい田園風景を見つけて
地図を見たり、Google MAP
を見ながら研究に勤しんでいるとあるじゃないですか良い川が・・・
(Google Mapって地形をリアルに俯瞰して見えてやはり素晴らしいですね)


見つけたのがこの「鹿島川」です。



illust_map_yatsu[1]


川沿いの良い風景が広がっていそうです。




P1170079.jpg


千葉市の奥の丘陵地「土気」を基点に印旛沼まで流れる河川です。



いい谷津が千葉には数多あるようです。




P1170046_20100711214604.jpg

梅雨の最中、天気予報は降水確率50%、昨日のこともあり、降ったら降ったで
しかたないやと撥水性の高いPatagoniaのシェルも持参。


P1170052.jpg


霧・靄に霞む外房線「土気」下車、MR4を組み立ててコンビニで買った
サンドウィッチをほお張りながら再度地図でルート確認です。


P1170053_20100711214732.jpg


まずは土気小学校の近くにある貯水池、ここが源流ではないでしょうか。
(と勝手に判断)


P1170056.jpg







P1170060.jpg

県道を進みます。車も少なく、のどかな田園風景の中、快適。
「千葉東金」をくぐり国道126号線(東金街道)を少し千葉方面に戻ります。


P1170063.jpg

ここで鹿島川と再会。


田んぼ脇の農道(舗装されてます)をすすみます。

地図では読み取りにくいですが川を見ながら進めばまあなんとかなるでしょう。

なかなかマニアックルートです。


P1170066_20100711215040.jpg

霧に霞む田園が延々と


P1170075.jpg


P1170084.jpg

ワインデイングロードを淡々とすすんでいきます。


P1170099.jpg


とにかくこんな緑鮮やかな田園風景が延々と続きます。



千葉市の谷当橋・・を越えて一般道路へ

道中、ダートになって道が怪しくなると引き返したりしました。
(パンク再発を恐れて)



P1170100.jpg


東関自動車道をくぐり、山王町へ、

懸念していた天気はいよいよピーカン状態に、
こんな道をずっと走っているので20Km近く信号もコンビニにも遭遇しません。


P1170110.jpg

細かいあぜ道のようなところは途切れている箇所もあって更なるコース研究の余地ありです。

P1170128.jpg


水分補給しますがやや熱中症気味に。

木陰があると休憩。オニヤンマがぶんぶんと飛んでいます。
いい里山です。


P1170142.jpg




大きな山を越えて総武本線をまたぎます。

下るとようやく佐倉の街に


P1170144.jpg

当初のプランは「印旛沼でウナギ」でしたが暑さでバテテきましたので佐倉の街で終了とします。


P1170146.jpg

ここですねうわさの「おかやま食堂」次回に是非!


P1170157.jpg

武家屋敷を散策

庭先の水道を借りて頭から水を浴びます。
夏はこれが快感。

こんな蒸し暑い日中でも中に入るとひんやりします。
伝統的な日本家屋の素晴らしさ。


P1170163.jpg
P1170172.jpg


同じ蘭学通りにある「蕎麦や川瀬家」で「天ざる蕎麦(大盛)」をいただきます。



P1170178.jpg

注文してから気がつきましたがここは「大きいかき揚げ」が名物だったのですね。

(これも次回のお楽しみに)


P1170188.jpg


京成電車にて帰路につきました。


車内は海外帰りの色々なお国の皆様で混雑。


アタッシュケースだらけなので輪行袋で乗車するのには気が引けましたが・・


3時間程のショートポタでしたが新しいコースは楽しいものです。




  1. 2010/07/09(金) 21:41:48|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

■行徳「常夜灯」

[行徳:旧江戸川 の常夜灯]




旧江戸側沿いのCRがリニューアル工事されています。

八幡から浦安方面への重要なルート。嬉しいです。


P1160547.jpg


常夜灯(市川市の重要有形文化財)のあたりも公園に
なりスペースが広くなりました。


P1160541.jpg


P1160540.jpg


江戸時代、行徳は塩の産地でここの船着場から塩を運んでいたそうです。

松尾芭蕉・小林一茶・なども行徳船にのったそうな。

永井荷風も八幡からよくこの辺を散歩したそうです。


P1160549.jpg


夕方愚息とポタりましたが江戸川CRは旧行徳橋から海側は工事中で
走れませんでした。
  1. 2010/07/07(水) 22:21:33|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■浦安-行徳街道

地下鉄東西線「浦安」のあたり
京葉線が開通する前はディズニーランドに行くにも
「浦安」が最寄り駅でここからバスが往復されていて
にぎわっていました。

今はこのへんは「旧市街」「元町」等と呼ばれているそうです。

境川周辺の風景は被写体になるような風景が多く、散歩するにも
いいコースです。


P1160798.jpg


モノクロで撮れば山本周五郎の「青べか物語」の世界?

漁村の街だった気配を残しています。長閑な街並み。



P1160811.jpg

昔はこんな風景が


P1160813.jpg

この境川をずっと海のほうに進みます。

湾岸道路(R357)を潜ると景色は一変。

強大なマンション郡と垢抜けた椰子の木の南国風景。

「美浜」「入船」「明海」というような海を連想する

ような 町名。


P1160824.jpg


河口付近には洒落た外観のホテル。

境川の河口付近はこの季節、ハゼ釣りが有名だそうですが
今朝はまだ人も疎らです。


P1160832.jpg


TDL周辺を一周しようかと思いきや「パンク」
油断していて「パンク修理キット」不携帯
迂闊でした。

P1160849.jpg

交番にて教えてもらった自転車屋もまだ朝で開店前
です。

舞浜からまた旧市街「浦安」までトボトボ歩いていきます。

腹も減ったので「浦安公設魚市場」に

P1160862.jpg

一般人も入れる程よいサイズの市場です。
場内と周辺に美味しい食べ物屋があるので
しばし散策しました。

市場内も美味しそうな魚介類・食肉・野菜
等が並んでいます。



P1160857.jpg

市場の奥にある「味館食堂」に入りました。

海鮮丼 この新鮮なネタとボリュームで850円
お値打ちです!
美味しい!


P1160867.jpg

次回はリユックをしょって買出しに来ようと思います。


P1160875.jpg


帰路は行徳街道沿いに走りました。


P1160881.jpg

古い家屋を観ながら


P1160887.jpg

改修されて丁寧に保存されているところもあります。

これだけの古い家屋の並ぶ街並み。県内でも貴重だと思います。










  1. 2010/07/06(火) 21:47:07|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■茅場町 井上ビル

P1140541.jpg

茅場町「井上ビル」

よく建築系やリノベーション系の雑誌に出ています。

端正なたたずまいに川沿いのロケーション。

良い味わいが出ています。この中の「森野書店」が

目当てでしたが渋い建物内部も堪能しました。

重厚な建具が素晴らしいです。


P1140507.jpg


東京はこのような古いビルがどんどん取り壊されています。

むしろ大阪の街中の方がこうした古い建築物が残っているのではないでしょうか。







  1. 2010/07/05(月) 22:36:33|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■国分・松戸・北小金[紫陽花]

6/27ネタです

今週も天気予報が重い週末。遠出はあきらめて近所をふらふらすることにします。

今日のお供はMR4。


P1160260.jpg

市川曽谷のピーターパンで美味しい焼きたてパン&コーヒーのブレックファスト。



P1160268.jpg

まだ未訪でした国分の山を散策します。

■宝珠院 静かなたたずまい

P1160280.jpg


■下総国分寺南大門

国分はその昔、要所だったことがわかりますな。見事な寺です。


P1160285.jpg

こうしたポタリングに便利な「市川街かどミュージアム拠点案内板」

P1160288.jpg

案内板も充実しています。
脱線しますが先日仕事の所用で大手町の日経新聞社内をふらふらしていたところ
「全国e都市ランキング」なるものが発表されており、市川市は輝ける第2位と
なっておりました(ちなみに1位は東京都荒川区でした)

帰社してあらてめて市川市のサイトを眺めますとやはり充実度がかなり高いことが
今更ながらよくわかりました。

特に町の観光、文化度向上のためにも力をいれておるようでして
普段私が自転車でふらふらしている市川市内の名所をガイド化した
ものは秀逸だと思います。

これを片手に是非皆さん市川に自転車ポタにおいで下さい。

【市川市文化の街かど回遊マップ】

P1160290.jpg

一時間ほど国分の界隈を徘徊していましたが
中でも由来・歴史を読んで「ほーっ」と興味深かったのは

「竺園寺」です。深い竹林が横たわる一見なんてことないお寺ですが
国分氏の一族が南北朝の頃創建し足利一族に外護されたらしいですが
途中の経緯が不詳らしく、なぜか今は京都紫野、大徳寺の末寺に
なっているそうです。

数年前、京都の大徳寺(一休さんで有名)の近くで仕事をしていて、
よく通っていた私ですがこんな市川の国分の山に末寺があろうとは・・

P1160303.jpg

国分の先は外環道の工事が着々と進んでおります。

その先を進むと松戸市内に

看板に釣られて入ったのが「戸定邸」です。
建物は国の重要文化材に、庭園は千葉県指定名勝だそうです。


最後の水戸藩主、徳川昭武が29歳で隠居したときの私邸です。

P1160322.jpg

江戸川を見下ろす風雅な松戸の高台、ここで
狩猟、作陶、パリ留学時に覚えたカメラ趣味にいそしんだそうです。

(7月17日~9月26日:戸定歴史館で「徳川昭武のみた明治のまつど」展が
 開催されるそうで、是非再訪しようと思います)

P1160341.jpg

優美な建物、周りの公園もすばらしく、すっかりのんびりしてしまいます。


P1160359.jpg

坂を下ると松戸の街中です。市内を流れる坂川。


P1160355.jpg

ずっと河川周辺の整備事業が進行中とのこと


P1160368.jpg

歴史建造物「めがね橋」


P1160370.jpg

秋葉神社入り口。松戸はコンパクトな町ですが水戸街道の宿場町風情もまだ
ところどころ残りかつ雑多な歓楽どおりもあったり散策して面白い町です。


P1160385.jpg

ひととおおり散策後、旧水戸街道~坂川沿いを北上します。

松戸競輪ここだったのですね。はじめて知りました。

P1160386.jpg

馬橋・新松戸をこえて流山電鉄沿いに走り、丘陵地帯になりMR4のギアを変えながら走ると
北小金の町に入ります。


P1160448.jpg

長谷山「本土寺」です。先週東葛人さんのblogにて掲載されており
あじさいが見頃とのことで訪問してみました。


P1160397.jpg
P1160407.jpg

いや~たまげました。こんな素晴らしい名勝があったとは知りませんでした。

参拝料500円徴収されますが、まあ京都・奈良の有名な寺はどこもこのくらいは
当然のようにとるのに慣れている私としてはOKです!


ほんとうに見事な紫陽花の咲きようです。

P1160426.jpg

デジ一もった方々は一生懸命撮影に興じておりました。


P1160421.jpg
P1160409.jpg

秋の境内も良さそうですね。

P1160471.jpg

さて次は「あじさい通り」です。

流山の住宅地の傾斜面に見事に咲くあじさい。お見事です。

幸せですね。こんなにいいところがある住宅地。

どのようにしてこんな素晴らしいスポットができたのか知りたいところです。

P1160485.jpg

お腹がすいてきました。北小金駅周辺をうろうろして
駅前にあるイタリアン「朝日屋」へ
三種類のアサリのパスタ。絶品でございました。


ということで北小金駅周辺堪能

P1160507.jpg

おまけは先日、桜の季節に訪れた東漸寺、境内の新緑が綺麗です。



P1160513.jpg

旧水戸街道沿いにある「小金宿」
本日は長唄の会、開催中とのことで中にも入れました。


いつのまに雨がポツポツ家路を急ぎます。

近場でしたが雨雲の下、充実したポタでした。

市川・松戸・流山まだまだ名所、開拓の余地ありです。













































  1. 2010/07/04(日) 08:46:16|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■モールトン自転車展:代官山HILLSIDE TERRACE

P1160751_20100703062641.jpg





モールトン自転車展:代官山HILLSIDE TERRACEで開催中


P1160734.jpg

これだけのモールトンを一同に集めるとは・・壮観です


P1160735.jpg

全国の有名なBike SHOP からも多数出展

P1160737.jpg

どれもフレーム・パーツの造形美を見ているだけで惚れ惚れします。

各車両の当時の製作背景等詳しく案内がされています。

P1160743.jpg

金額も表示されていますが、一桁違いますね(笑)

P1160754.jpg

クラシックスタイルから現代版まで進化しているようです。

P1160756.jpg

ツーリングバージョンもありました。

P1160758.jpg

基本場内は撮影禁止ですが私のようにすぐカメラで撮る輩には「英国紳士のようにそっとスタッフに
小声でささやいてください」とのことでしたのでそう(?)しました。


P1160763.jpg


P1160767.jpg

P1160770.jpg

7月4日まで開催中とのことです。見れて良かったです。

ちなみにモールトンサミットも開催されるようです。

モールトン好きにはまたとない機会ですね。

P1160774.jpg


  1. 2010/07/02(金) 23:06:46|
  2. 街散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■ラレー  タイヤ新調 [GAND BOIS]

ロードのラレー。
5ヶ月目にはいり走行距離もそれなりになってきました。

サドルも換えてあとはタイヤです。

私のようにロードでもちんたら走っている輩にとてはどうも23Cでは

細いのでは?と気づきちょっと太目の25C以上のタイヤに交換しようと

思っておりました。


P1160903.jpg

そこで先日吉祥寺のベロクラフトで出逢った、スキンサイドのGRAND BOISのタイヤ。

700C×26Cの珍しいサイズ。いいのではと思い、京都のアイスバイシクルへ注文しました。

無事に到着。



P1160938.jpg


スキンサイドの700Cのタイヤってそうないと思います。

実はパナソニック製品ですが・・

Good マッチです。


P1160941.jpg

早速、流山~松戸とポタりましたがクッションが効いていてとてもいい乗り心地です。


ロードに乗っても「転がり感」とか「グリップ力」とかのインプレッションとは無縁な私。


ツーリング&ポタリングにはこんなちょい太めサイズがいいんじゃないでしょうか?

























  1. 2010/07/02(金) 21:47:26|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0