【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■ダホンSPEED P8  都内初ポタ

都内を走るにはMR4よりもトータルでは折りたたみも楽なダホンが使い勝手もよく重宝します。
千葉に戻ってきて走り甲斐のあるコースがなかなかなく、すっかり出不精気味になっておりました。



都営新宿線にて大島まで輪行し(いきなり地下鉄・・・)砂町銀座をうろうろしようと・・・
目当ての寿司屋があったのですが50m以上の行列で断念。

子供の頃、叔母がこの辺に住んでいてよく来ていたようですが
記憶はありません。長い距離の大きな商店街で入ってみたい食べ物屋さんが目白押しです。
戸越銀座や武蔵小山など私はこうした商店街が大好きです。

Image00099.jpg


銀座ホールというレトロな食堂で昼飯 ◎です。

Scan10096.jpg

東陽町から門前仲町を経由して佃を望む。

10097.jpg


更に山手線の内側に入り神保町界隈。古本屋が好きな私にとって
このあたりが近くなったのは嬉しいことです。
今日はウエストバックのみなので本は買えません。

10094.jpg

飯田橋を越えて神楽坂から早稲田方面へアップダウンが多くなります。
都内ははじめて走りますが起伏が多いのが大変よくわかります。


この辺は10年以上ぶりに訪れますが結構変わっています。
東京の街の移り変わりの速さは大阪の比ではないでしょう。

10093.jpg


東京の有名な自転車店を巡ることも今後の楽しみのひとつです。
関西でも自転車雑誌をチエックして徘徊しましたが今日は
千駄ヶ谷にある「なるしまフレンド」を訪れます。
入り口の来店者のスタンドの自転車を見るだけでも価値ありです。
そうそうたる高級車ぞろい。恥ずかしながらも隣に置かせていただきます。
都内の高級ショップはこんなにいけてるのか!という印象です。
パーツだけみてもカンパ等すごい品揃え。壮観です。
フレーム売りもしているようで本物のプロショップという店構えです。
いい目の保養になりました。

その後上野まで戻り、帰りは京成電車で帰路に。
輪行するときなぜか京成電車は落ち着きます。
(昔見た行商電車のイメージが残っているせいでしょうか?)



都内をふらつくのも結構面白そうです。





スポンサーサイト
  1. 2006/02/10(金) 17:42:59|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■DAHON SPEED P8 納車


背が伸びて幼児車に乗れなくなった娘のためにという口実で
年度末20%OFFセールをセオサイクルでやっており購入。

色は娘の希望を聞いて白に。

このDAHONはラインナップ中稀少なクロモリフレーム
ということもあり前から目を付けていました。

Scan10099.jpg

現存のROOと比較するとフレームの剛性感が素晴らしく
この年数差でDAHON製品のレベルアップは目を見張るものが
あります。

フレームの剛性感・ヘッド周りの造りの素晴らしさは
隔世の感あります。

すばらしきダホン博士!!

【世界に計り知れない影響を与えた今もDAHONは新たな革命を起
こすべく新しい機能、製品を生み出し続けています。
数々の実績はDr.Honの情熱の結晶として多くの人々に語り継が
れているのです。】

ダホン博士はどんな人なのであろうか??



早速義兄の家に遊びに行った帰りに手賀沼のサイクリングロードを
経由して市川まで走ります。快調、快調!

Scan10100.jpg

● またハンドルポストもアジヤスターが効いて下に下げられるようになり
ポジションがとり易くなっているところもGood!です。

●タイヤもシュワルベのビックアップル2.0×20インチと街乗り向けの
仕様になっております。


やがて娘はこんなこだわりを見せるようになり小さいタイヤの変な形の
自転車なんかカッコ悪いとまで言い出して(当初の思惑どおりまんまと)
ほとんど私のセカンドバイクになったのでした。


  1. 2006/02/06(月) 17:32:52|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。