【FOLDING BIKES TRIP】

◇easy going everywhere slow ride style◇ 折りたたみ小径車・クロモリロードバイクでの走行記と日々の三文雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■2002年「自転車遊び」こと始めの巻■


■そもそもの自転車事始めについて:

大阪在住時代の2001年秋当時、京都で仕事をしていて朝、仕事現場のママチャリで鴨川沿いを走っていて、
こりゃメチャ気持ちいいわな!と自転車の素晴らしさに感化されて「自転車熱」が突如蘇ったのでした。


蘇ったというのは高校生の時も、自転車ツーリング(当時としてはマイナーなえらくクライ趣味)に熱中し、
当時はランドナー(ブリジストンのユーラシア)を漕いで母方の郷里である信州長野まで自転車旅行など
しておりました。

ほぼ20年ぶりの自転車趣味復活というわけです。
でどういう自転車を欲したかというと折りたたみの小径車でして、当時はまだとっても小さなお店を大阪の
四天王寺で営んでいらした「LOROサイクルワークス」でダホンの「ROO」というモデルを購入した次第です。
(当時5万円くらい)



Scan10088.jpg


■この折りたたみの機動性の高さには感服しました。
ほぼ3分くらいで輪行袋にすっぽりです。
ここからすっかり輪行ツーリングにはまっていきました。
この「輪行」が簡単にできるところが小径車の最大の
メリットです。

この写真は新快速で大阪から近江の長浜まで行って琵琶湖の
北半分を周遊したときのものです。

自転車で関西の古い街を巡るポタリングをよくしました。
「彦根」「近江八幡」「坂本」「奈良」「丹波篠山」などです。

北陸線はまったく他のお客さんがいなかったもので、かつ
駅も無人駅だったもので輪行袋にも入れず乗車してました。


Scan10087.jpg


■軟弱なツーリングで疲れたらすぐ列車に乗る。(厳しい峠はパス。)というような
軟弱なツーリングです。


Scan10089.jpg


■20インチの自転車にはどんなもんかいなと思っていましたが、結構走りもなかなかだなと
感服しました。

フレームもしっかりしていて、のんびりと景色を眺めながらのツーリングにはもってこいです。


Scan10090.jpg


■北琵琶湖は明光風靡なところが盛りだくさんでお気に入りのコースです。

ここは春は桜で有名な海津大崎。


Imahytrge0002.jpg

長浜の街です。


Image067oi.jpg

当時は大きなキャノンのEOS KISSやコンパクトのフィルムカメラを
ウエストバックに入れてサイクリングをしていました。

Image0huy5.jpg


マキノから輪行

関西を走るJRの新快速というのは素晴らしい速達列車で
東に西へとどこでも一時間程度走れば古い街、名所にたどり
着けるので大変重宝しておりました。



スポンサーサイト
  1. 2002/07/01(月) 09:00:00|
  2. サイクリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。